グローバル共有メモ: ログ

[メモに戻る] [末尾]

※ここにはたくさんのフィクション・自作自演が含まれてます。
※18時間待てば誰でも削除できます。無用な削除・連投はおやめください。
※ログ署名で確証できるメモの著者は十分な補償のないメモの再配布を禁止できるとします。

2021-10-19T06:47:02Z 6FzT5Not/V
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

主題からは外れるが、易の話もしてきたのでここに書く。

高田 淳『易のはなし』(岩波新書 新赤版 25, 1988年)を再読する。

王船山の錯綜論・消長論は難しく今回は理解できなかったが、いつかはちゃんと理解したい。

……。

本からは少し離れるが「聖人」について…。

「仁」の解釈について、間違っているのだとは思うが、やはり私は「人は聖人にはなれずなれるのはだいたい二番目の人と書いての仁である」というふうに解してしまう。

聖人というのは、仏教では梵我一如のアートマン…涅槃に入り法となったホトケに似ていて、ある種の理想像で、ただアートマンなどと違って人格神的…神は余計か…人格があって時代を画して人を支配しているものだと考える。たまたま同時代にそれがいるとなることもありうる…いや仙人的でも良いなら必ずいるのかもしれない。

尭舜禹が聖人であるといっても、生きている彼らは仁でしかなかったのではないか。しかし人々が望む聖人の役をよく引き受けたから、人々からは聖人と見られていたし、死後聖人であったという評価になったのであろう。というか人々の中に遺った姿・おもかげが聖人とはどのようなものかの規範となったのであろう。

孔子が聖人であるというのはまた違った意味がある。孔子は仁であり君子ではあったのだろうが、支配者ではなくその意味では聖人でなかった。しかし、死後その後の時代、君子を支配する規範者となったことにより、その後の時代を聖人として生きている…ということではないか。

……。

日々生きる人が陰か陽かはスッパリ割り切れるものではない。陰は陽を含み、陽は陰を含むとはいうけれども。君子か小人かも同じ。

……。


悔吝について。

>悔とは、行えば必ず失うから憂えるべきことを占者に示しているのであり、吝とは、求めても必ず遂げることができないから慮[おもんばか]るべきことを占者に示している辞なのである。<(p.162-163)

>君子にとっては、吉は疑うことのできない道、凶は避けることのできない義であり、悔いは逆らうことのできない行の幾[きざし]、吝は違[たが]うことのできない止まる時を示す。<(p.163)

>悔とは(…道の…)得を欲すること、吝とは失を戒めることである。<(p.164)

悔いとは何かを失うとわかっていても道を得るために進むしかなく、吝[うら]みとは得たいと思ってもその道を失っておりとどまるしかないことを言うのか。でも、こういってもいまひとつよくわからないな…。

……。

聖人の話の続き。

聖人と人格神の違いは聖人には死があるということだろう。上に挙げた君臨する孔子には実質死はないが、しかし、死は彼にあったもので避けられなかったものとして扱わねばならない。「復活」などはないし、死後に天界などで本当に生きていて影響しているのだ…という概念も(ほぼ)ない。

ただ、死を克服した仙人という概念は中国思想には別にある。しかし、それは隠者的で逆に思想にはあまり影響するとされないのがおもしろいところだ。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-19T03:43:45Z cXaXFqF001
jrf> Original Xbox のゲームを海外で買ったら、傷だらけのディスクが送られてきて、案の上、読み込めず、一応文句いってやろうと思っていた。

ただ、その前に、その他のディスクがちゃんと読み込めるか…と試してみたところ読み込めなかった。CD もダメだった。なんと、Xbox の DVD ドライブが故障していたのだ!

これでは文句も言えない…。

そうか、ディスクがまず壊れるか…比較的大事に使ってたつもりだけど、もう十何年も前の製品を部屋の奧から久々に出してきたものだからなぁ…。

Original Xbox のゲームを買う前に確かめておくべきだったが…、得てして届いてからわかるものではあるよな…。
2021-10-18T11:16:34Z f1umnS4a/O
jrf> はてなのプロフィールに「好きなゲーム」として加えるか迷ったけど、結局加えるのをやめてここに書くことにした。なぜなら、プレイして好きなゲームというほどやりこんでないから。「気になるゲーム」というのが正しい。

まず、プレイしてクリアしたゲームから。「魔界村」、「ファンタジーゾーン」、「After Burner Climax」。

「魔界村」は Xbox 360 のものや 3DS のファミコン版のどちらもクリアした。「ファンタジーゾーン」は 3DS の「3D ファンタジーゾーン オパオパブラザーズ」ではじめてクリアができた。「After Burner」系は最初にクリアしたのが「Climax」だった。クリアは全部大人になってからだね。

次にクリアはまだしてないけど、ゲーセンで見て気になっていたゲームで PS4 で買ったもの。アーケード版「いっき」、「ハレーズコメット」。

「いっき」は、美化があるのか、妙にリアルだったように記憶しているが PS4 でやるとイメージと違う。「ハレーズコメット」は寒色系の色づかいがよくて、これも PS4 でやるとイメージと違う。画面フィルタで印象に近付けてはいるんだけど…。

そして全々やってないけど、ずっと気になってるのが、Xbox 360 から「Toy Soldiers」、Xbox または PS2 から「Spartan」、PS1 から「ドラゴンヴァラー」、アーケードの「Dragon Buster」。あと機種はいろいろだが「バーチャロン」シリーズ。あと PC の「Civilization 4」も入れとくかな。これらは私の一生のうちのどこかでやりたいと思いつつできていない。

Xbox の「Grand Theft Auto: San Andreas」は思い入れの強いゲームかな、実はまだまともにクリアしたことはないんだけど。

あと、好きなゲームとは違って、ゲーム性は微妙なんだけど、一度やって欲しいゲームとしては Xbox 360 の「Child of Eden」があるね。これはいちおうクリアはしたはず。

はてなのプロフィールに書いてる「好きなゲーム」もコピペしておくと、「悪魔城ドラキュラ (初代)」、「パネルでポン」、「ストリートファイターII」シリーズ、「RAYSTORM」、「ストリートファイター4」シリーズ、「ソウルキャリバー4」。
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-18T06:22:08Z mXQ6iTGwEa
jrf> う〜ん、またお金遣い過ぎてるなぁ…。精神が不安定なのか…。

アニメ『Sonny Boy』の BD 欲しいけど、3万は出せないな。まぁ、私は普段からアニメの BD を買う人でなく、買うとしても安くなってから中古などで買う人なんだけど。でも『Sonny Boy』の BD は限定販売で数がそんな出ない感じだし、買っておかねば逆に高くなる気配があってなぁ…。でも、やはり3万円は出せないなぁ…。12月は欲しい本もあるし…。
2021-10-18T05:55:49Z 7EeHoHCmkT
jrf> (承前)

かといって自民党もなぁ。特に以前の TPP の知財の議論を通じて甘利 明さんには悪い印象を持っていて、その方が党幹事長というのが、大きな問題。ほんとに国益に沿った判断ができるのかなぁ…本人は国益のつもりで別の国の利益を代表してるみたいなことが起きないかが心配なんだよね。
2021-10-18T05:01:07Z BksG96I61P
jrf> ジェンダーがらみで立憲民主党は今回は無理だなと思って共産党に入れる気になってたんだけど、共産党もダメだ。総合的にそれらに入れる可能性もまだあるが、今回の衆院選は苦しい判断になりそう。

《【方向転換】日本共産党、選挙公約で”非実在児童ポルノ”の規制強化を訴える「非実在児童ポルノは児童の尊厳を傷つける存在、現行法では規制の対象じゃないので規制するよ」 - Togetter》  
https://togetter.com/li/1789963
2021-10-18T04:34:19Z D7dnChuyus
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ダメだという判断になりかけているが、とりあえず、元の、直感で決めた MeanAmplifier BlockMeanAmplifier の alpha1 alpha2 を 0.2 にするのに戻してやってみる。重犯罪をいじったものが normal で、いじってない alpha1 alpha2 が 0.2 の logs-20210928.zip の normal を pnormal とする。

python plot_logs.py normal pnormal -p AccDeath -o fig-20211018_01.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccAbortion -o fig-20211018_02.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Education -o fig-20211018_03.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccKarma -o fig-20211018_04.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Population -o fig-20211018_05.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Power -o fig-20211018_06.png
python plot_logs.py normal pnormal -p NewKarma2 -o fig-20211018_07.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccVKarma -o fig-20211018_08.png

《グラフ集: 2021-10-16 から - Issue #6 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/6

AccDeath は変わって欲しくないところだが、少し違いがある。同じく変わて欲しくない Population や AccAbortioin はあまり変わってないのが良い。カルマ関連に違いがあるのはいい傾向だが、肝心の AccVKarma に変化が少ない。

問題の lsth がらみを見て行こう。コマンドは省略する。

AccKarma が ltom と ltomlsth がいったん下がって、lsth と ltomlsth があとで上がっているのは予定通りで今回はキレイに出た。しかし、AccVKarma はほとんど差がない。ここは、ltom ltomlsth は AccKarma とは逆にいったん上がって欲しいのだが、そうならなかった。ただ、本人の Hating が上がって、lsth や ltomlsth が最後上がっているのがほのかに観測できる…とまではいえないか。

「ダメ」ではないな。alpha1 alpha2 は 0.2 にして、重犯罪について結果が出ないのは諦めて、次に行こう。
2021-10-17T10:30:44Z kb+bIxNawy
jrf> アニメ『進化の実〜知らないうちに勝ち組人生〜』。作画・キャラ・おもしろさは正直ビミョーなのだが、主人公がデブでイケてないのがチートでカッコよくなる過程が描かれていて好感。それを描くと逆に最初ブサイクなのが強調され作品が嫌われることにもなりうるが、これを描かずにハーレムになると逆にリアルさが感じられない私みたいな層には訴えるものがある。「ありのままで」とかありえないから。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-17T09:32:00Z b/w1B6b+3b
jrf> TPP の議論の際、医師が登壇して一般には奇異の目で見られてたように思うけど、新型コロナ禍を経てみると、あれが正しかったんだなぁ…と思い出す。
2021-10-17T06:17:41Z lGSv6z9934
jrf> 囲碁NHK杯 広瀬×村川。先週と同じく黒が四隅を取る展開だが、黒の位は低く、白は左辺・上辺から中央にかけて巨大な模様を描く。下辺の攻防で黒は守るが白の中央を厚くしているように見え、白有利と思った。しかし、白がコウに勝った時点で逆に黒が右辺に大きな地を確保して AI は互角の評価になり、黒が上辺でポイントをあげた段階ではっきり黒優勢という AI の判断。白も黒も地が大きく、私にはどちらが勝ってるかわからなかったが、終局。206手完 黒の七目半勝ち。
2021-10-17T03:38:31Z vRILd5Ib11
jrf> オープンソース開発者ライセンスかぁ…。私、ソースをオープンにして開発はしてるけど、私の他誰も参加してない・それどころか見られてないからいわゆる「オープンソース開発者」といっていいものか…多分ダメな気がする。BSDライセンス互換だけど、独自ライセンスなのも問題がある気がする。
2021-10-17T03:28:25Z VCNAIzBzch
jrf> 自分のことがダメだと思う。完成することがなくて自分を愚かに思う。でも、大人ならそういうマイナス思考に自分でケリを付けれないといけない。自分のことは自分で面倒見ないといけない。それもわかっているのにできないから、私は私のことを情けない・みじめだと思う。
2021-10-16T09:53:51Z dq6B81XEJj
jrf> レンコンの天ぷらがうまい。ナスの天ぷらもうまい。ナスの天ぷらは上に大根おろしを載せるとさらにうまい。そういや、スシローの揚げびたしナスのスシも(安いのに!)うまかったなぁ。
2021-10-16T07:37:13Z d66srPny1h
jrf> 音楽鑑賞。

グラインドボーン音楽祭2018 フルシャ指揮 ウォーナー演出 ロンドン・フィル『バーバー: 歌劇「ヴァネッサ」(全3幕)』(収録: 2018年8月14日 グラインドボーン音楽祭歌劇場(イギリス), 放送: 2021年10月10(11)日 NHK BS P)を録画して観た。

エリカがいなくなって見つかるところ、アナトールはショックを受けていて、完全な悪人ではないのだな…と思った。

ヴァネッサもアナトールの「浮気」を知っているのか、知らないのか。たぶん、知っていて、騙されてあげているのだろう。財産はあるが年齢の高い女性に必要なことという示唆があるのではないか。

エリカが最後ヴァネッサと同じ生き方を選ぶ…というのは、エリカがヴァネッサのようでいたいとしたっているといっったら変だけど、無意識にはそういうことなのかな…と思った。

老医者と老男爵夫人がたびたびひそひそ話をするから、エリカかアナトールか…まさかヴァネッサに出生の秘密があるのかと思ったが、具体的には明かされなかった。

音楽的には最後の5重唱(?)がすばらしかった。ただ、私のうちのオーディオが定まっていないときに聴いているので、オーディオ的には今ひとつという印象。
2021-10-16T07:36:04Z CtqXVNR0Fo
jrf> 音楽鑑賞。

エッシェンバッハ指揮 パドリッサ演出 ベルリン・コンツェルトハウス『ウェーバー: 歌劇「魔弾の射手」(全3幕)』(収録: 2021年6月17~19日 ベルリン・コンツェルトハウス(ドイツ), 放送: 2021年10月10日 NHK BS P)を録画して観た。

おそらく魔法陣を描いて悪魔召喚を実際にやってみせるところがこのオペラの奇抜なところで、「ウリ」なのであろう。

見てる間、魔弾の七つ目が誰に当たるのかでワクワクしていた。素直にアガーテに当たるのか、意外に領主に当たって革命バンザイで終ったらウケるな…とか、アガーテが助かってからは、実は七発目は別にあって、領主が隠者様を打つ展開とかギャグみたいなことを考えていた。

ただ、当初七つ目の話を聞いたとき最初に思い浮かんだのは、七つ目と思われたものはアガーテをそれ助かるが、その前にアガーテが領主などに体を差し出して許しを懇願していてその子種が「七発目」となるのではないかとか思っていた。この時代のオペラならありうる話かな。…と。でも、さすがにそこまでするのはこの時代でも下品であったのかな?

隠者様が出てきたのもかなりブッ飛んではいた。「現代的演出」もあったけど、まぁ、七発目は、現代の視聴者に向けられていたといったところか。あんまり、物語にからまず、当たってる感じはなく、余計だったかな…という気はしたが。

音楽についてはよくわからない。後で紹介するヴァネッサと比べて低音がよく聴こえたな…という感じ。
2021-10-16T04:26:51Z 8XA1R34RoX
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

重犯罪をいじった simbdp3x1.py を試す。前回、MeanAmplifier BlockMeanAmplifier の alpha1 alpha2 を 0.3 にして試した結果が pnormal。今回のが normal、ちなみに alpha1 alpha2 は 0.3。

python plot_logs.py normal pnormal -p AccDeath -o fig-20211016_01.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccAbortion -o fig-20211016_02.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Education -o fig-20211016_03.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccKarma -o fig-20211016_04.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Population -o fig-20211016_05.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Power -o fig-20211016_06.png
python plot_logs.py normal pnormal -p NewKarma2 -o fig-20211016_07.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccVKarma -o fig-20211016_08.png

《グラフ集: 2021-10-16 から - Issue #6 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/6

AccDeath や Population や AccAbortioin は変わって欲しくないところだが、少し違いがある。カルマ関連に違いがあるのはいい傾向だが、肝心の AccVKarma に変化がないのが気にかかる。

問題の lsth がらみを見て行こう。コマンドは省略する。

normal lsth ltom ltomlsth のどれもほとんど差がない。ltom ltomlsth が AccKarma で下がっている…というのも今回は観測できない。肝心の AccVKarma にも差がない。これは、VirutalHating が1200期の前に下がりぎみだったため、ltom の効果がなくなったからではないか。それを確かめるために 1期から1200期までの VitrualHating の変化を描いてみる。

python plot_logs.py simbdp3x1 -p VirtualHating -o fig-20211016_16.png
python plot_logs.py simbdp3x1 -p Hating -o fig-20211016_17.png

ltom の効果はそれで説明がつくとしても、lsth にまったく効果がないのが説明できない。Hating が上がって VirtualHating が上がって(ここまでは上がっている)、AccKarma も上がるはずなのだがそうなってない…。

なぜこんなにダメだったのか理由がわからない。MeanAmplifier という考え方がいけなかったのだろうか?
2021-10-14T06:59:46Z pDRiz29y3a
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

Python をアップデート。今度から使う Python とライブラリのバージョン。

conda                     4.10.3           py38haa95532_0
matplotlib                3.4.2            py38haa95532_0
numpy                     1.21.2           py38hfca59bb_0
pandas                    1.3.3            py38h6214cd6_0
python                    3.8.12               h6244533_0
scipy                     1.7.1            py38hbe87c03_2
seaborn                   0.11.2             pyhd3eb1b0_0
sympy                     1.8              py38haa95532_0
2021-10-14T06:41:04Z ci3f09VQEg
jrf> Python をアップデート。TensorFlow 用の環境も再構築。TensorFlow 1 用と TensorFlow 2 用それぞれに以前作ったプログラムをとりあえず一つずつ試す。

警告がいっぱい出るが、まともに動いてホッとする。

Open-AI Gym の env.render() は仕様が変わった感じで、最後に env.close() がいるのかな? 変更なしだと、そのエラーが出るのはしかたがない。まぁ、おおかた影響はない。
2021-10-14T06:33:01Z 1nQbGH12JH
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

重犯罪のカルマ…AccVKarma が ltom ltomlsth のほうが小さくなった問題。

おそらく、犯人の親族の憎しみを参照するため親族が残っていないと憎しみが小さくなるというのが効いたのだろう。被害者の親族の憎しみとその宥めを参照するのが効いて、ltom 系のほうが不利になると私は考えていたが、そうではなかったということだろう。

変えるとすればこれをどう変えるか。犯人側の憎しみは基本、犯人本人の憎しみの問題とする方向が考えられる。ただ、犯人親族の憎しみのデータも使うべきだから、親族の憎しみは 0.5 以上のものは 0.5 に矯めて利用すればいいのではないか? …いや、これはダメだ。こうすると親族の憎しみはほぼ常に 0.5 になる。犯人の憎しみがない場合、親族がいない場合も、親族の憎しみは 0.5 はあるとしておかないと、重犯罪を起こすに足る憎しみ 0.5 が出ない。そして、常に 0.5 ということだと親族に憎みのデータが無駄になる。

そこで、考えを改める。被害者の親族の憎しみの宥めのみを宥めの参考値にしていたが、犯人の親族の憎しみの宥めも参考値にしてはどうだろう。要は、加害者の先祖も被害者の先祖も重犯罪の被害が大きくならないように加護・守護を行うというイメージ。「実際」のところは、先祖の憎しみが宥められた物語を思念として覚えていると重犯罪のその際に少し反省が加えられる…といったリクツになる感じか。

あと、これまでは、憎しみの最大値を問題にしてきたが、憎しみの最大値が最近のものだとあまり意味がなくなっていた。これを変えるために、(0.5 を超える)元の憎しみの和/宥められた憎しみの和…を問題にするようにしよう。

ただし、憎しみがもともと少ししかないのに、それが率では宥められているから、大きく宥められる…というのはちょっとおかしい気がするので、もともとの憎しみの最大値を越えない範囲でのみ soothe されるとしよう。

犯人の生きている親族から被害者の親族(生死問わず)に対する憎しみの最大のものを h1 とする。犯人・被害者双方の死んでいる親族すべてに関して、そこから被害者・犯人の親族(生死問わず)への元の憎しみすべてを H2, 宥められた憎しみすべてを H3 とし、h4 = max(H2)、sh2 = sum(H2)、sh3 = sum(H3) とする。

h1 > h4 のときは、h5 = (h1 - h4) + h4 * (1 - 0.75 * (1 - (sh3/sh2)))、h1 <= h4 のときは h5 = h1 * (1 - 0.75 * (1 - (sh3/sh2))) という h5 が求められる宥められた憎しみの値になり、これを BlockMeanAmplifier に食わせて、重犯罪の重さに転換する。

…としよう。

なお、0.75 の部分は education により 0.75 から 1.0 まで変化するとする。0.50 から 1.0 とか 0.50 から 0.75 とか迷ったが、sh3/sh2 は最近のものも含みうることから小さくなり過ぎることはないこと、重犯罪に関して education にそこまで大きな役割を担わせる必要はないことを考えて、0.75 から 1.0 の変化にすることにする。

また、h1 は 0.5 以下のときは 0.5 とする。これは先祖の分が 0.5 という計算。先祖の憎しみは忘れられてるものも含めて最低 0.5 あるが、0.5 以上のものは物語によって 0.5 に刈りこまれている…といったところ。それぐらいないと重犯罪は起こらない…という点では、犯人の突発的な憎しみの分とも言えるのかもしれない。
2021-10-13T23:02:46Z ISX7vscrAL
jrf> (承前)

結局、Anaconda をアンインストールしてから再インストールした。.conda なども .matplotlib と同じ症状があったため。env 等が変わるがしかたがない。
2021-10-13T16:16:46Z KPRTqHPZs5
jrf> matplotlib が Permission Denied! 「解決」した感想として、なんとなく Windows 10 のアップデートがらみで、以前の Python が作った「不正」なディレクトリ・パーミッションに関しエラーが出ているのではないか?

[cocolog:93064720]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/10/post-ccf3d3.html
>Python 少しアップデートしたら matplotlib が font cache まわりで Permission denied を吐くようになった。やめてくれよぉ…。<
2021-10-13T13:48:54Z uLN/B/Fx0P
jrf> (承前)

Python 3.8 系にするのはとりあえず諦めた。前も似たことがあった。インストールにエラーだらけ…って何それ? よくこれで世界的な流行になったものだ。…まぁ、パッケージがらみは難しいのでご苦労も多いのでしょうが。
2021-10-13T13:17:07Z EzjEAMWQzt
jrf> Anaconda の Python を 3.7 系から 3.8 系にアップデートしようとして、conda install python=3.8 にしたら、conflict の解決とかでメチェメチャ時間がかかってまだ終んない。
2021-10-13T09:34:52Z Tq5yXz4sOE
jrf> 夕食で母の作った「肉巻き卵」がおいしかった。甘っ辛く焼いた牛肉を卵焼きで包んだもの。ただ、ググると「肉巻き卵」は卵を肉で巻いたものが出てくるがウチのはそうじゃない。昔弁当とかに入っていて好きだった。久々にやってくれておいしかった。
2021-10-12T14:49:36Z deO6OtCcGk
jrf> ↓という「ひとこと」を書いた。

[cocolog:93063079]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/10/post-a5f6cc.html
>河崎一郎『素顔の日本』を読んだ。忌憚ない海外向けの日本文化論で、今でも通じる話もあれば、そこから随分変わったなぁ…という話もある。それも含めて、若い世代であっても読んで損のない本であろう。<
2021-10-12T13:19:40Z t2szkgHo7G
jrf> オーディオの設定。

スピーカー台の下に人工大理石を敷いていたが、思い切ってそれを外して畳にじかにスピーカー台を置いてみた。低音は力強くなった気がするが、解像度はどうなのだろう?…今のところ気にならないが…。高さが低くなるのも気になる。

そして、畳にじかに置くときは、畳がデコボコしているので前は紙を詰めたりしていたが、たまたまデコボコしていない配置を見つけたので、そこに置くことにした。角度を変えたりする自由はなくなるが、これで良いなら、そこまで角度等にこだわらなくてもよいかな…。
2021-10-12T10:13:21Z wJnAdu0BV2
jrf> ゲームの「エミュレータ」と聞くと、違法コピーでのプレイなどを想像して眉をひそめる方も多いかもしれないが、実機が経年劣化でどんどん使えなくなった遠い未来で、ゲームの文化継承を考えると必要なものである。

最近では、私は、図書館がゲーム ROM を収集し、エミュレータで動くようにして貸し出したらどうかという話をしたりしていた([cocolog:92784154])。

どこかに書いたが見つからないので、主張を繰り返すことになるかもしれないが…、

現在の主流のゲーム機について ROM を吸い出したり、エミュレータを開発することが是認されるのか、それは違法コピーを動かしたいという欲望に支配されがちで正当化されえないのではないか…と考える人も多いかもしれない。

しかし、エミュレータの開発も人がやるもので、ユーザーがある程度いなければ、まともな開発もできない。需要が強いからこそエミュレータの開発が進むという側面もありうる。また、開発者の事情としてゲーム機の内部を知る者が必要だが、そういう者は時代の移り変わりとともに別のゲーム機に関する開発にたずさわるようになるため、記憶や資料がどんどん失われるという側面がある。

動かすユーザーが元のゲームの動作を知っていること、開発者が記憶と何らかの方法で資料を残していることが、エミュレータの開発には必要で、それがデッドラインのようなものを形作ると思われる。エミュレータはゲーム機の普及期を避けたとしてもその後すぐに開発が進められ、世代が変わりきる前に完成レベルに持っていかなければ、その後、そのマシンに関するゲーム文化が失われるものであると言えるだろう。

国家的にもしくは国際機関を作るなどして保存するのでなく、これまでどおり民間・有志にまかせるなら、限られた時間内にもっと資金が投じられるようになるべきだと私は思う。(まぁ、そういう私はほぼ金銭的(以外のものも含め)貢献はできてないが。)
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-12T08:12:27Z 9MsmzsbX3J
jrf> 左肩の五十肩が痛くて、寝転がって本を読むのにも、少し支障がある。変な姿勢で読むことが増えていて、眼に悪そう。まぁ、右肩の五十肩は一年でほぼ治ったので、あと一年の辛抱なのか。それともトシ取ると他にさらにいろいろ出てくるのか…。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-12T08:06:21Z QUSBxi4mjr
jrf> 自然エネルギーは安定化のために過剰に生産し、その過剰分を保存するのに水素などが一番有力という話なのでは? 水素なども過剰になってくれば、それを「燃や」して発電することで停電防止もできる。…そういう「夢」の話ということでは?

《水素・アンモニア燃焼へのダメ押し - 松田 智 | アゴラ 言論プラットフォーム》  
https://agora-web.jp/archives/2053419.html

《「寄生エネルギー」が起こす第2の石油ショック - 池田 信夫 | アゴラ 言論プラットフォーム》  
https://agora-web.jp/archives/2053434.html
2021-10-11T10:45:26Z 3PwKYXMjjS
jrf> レトロゲームの画面を解釈して、適切な場所の日本語テキストを外国語テキストに置き換える AI とかできないのだろうか? そうすれば、古い日本語レトローゲームにもワンチャンありそうなんだけど…。
2021-10-11T10:33:05Z QnPGQxGOFz
jrf> ゲームを遺産として残しても、100年ぐらいは大きな価値が出ないであろう。しかし、レトロゲームをやった世代が死に絶えたのちどうなるかは難しいところ。

ゲームには結構投資がなされていて本来なら価値のある物だ。多売のため一つ一つの価値は小さいと思われがちだが、当然時がたって実機が使えなくなる中、ゲームの吸い出しなどの法律面での複雑さなどがあり、子孫がそれをちゃんと理解した上で、ゲームに関心を持ち続けることは難しく、そういう意味では、人を選ぶ。実際の資産として機能させられる者はどんどん少なくなると思われる。そんな時代になってゲームプレイを提供できるようになる者にはひょっとすると大きな価値が見出せるのかもしれない。金銭的な価値ではなく宗教的価値みたいになるかもしれないが。

レトロゲームを日々やってその価値に気付きながら、ショーバイのシステムを理解する…そんな奇跡的な人材を少数に限り教育できるだろうか? そして個人的にはそれが囲われたものではなく、自由な市場の中で展開されて欲しいという願いが私にはある。

電脳硬化症みたいなものができて、その薬としてレトロゲームが処方される…とかなったら、わかりやすいのだが、そうはなるまい。なるべきでもない。
2021-10-11T08:25:43Z Y0fATa7YzN
jrf> Xbox 360 は USB メモリさえあればおおむね簡単に吸い出し(rip)できるところまで来ていて、そうなってから時間も経過していることから、今さらの Xbox 360 のアップデートで対策されることなく、これから先もできるだろうとは予想できる。

それを前提として、Xbox 360 はエミュレータがかなり有望なこともあり、ソフトを買ってコレクションするのもオススメできる。遺産として残したとき子孫も理解しやすいのではないか。

ただ、「おおむね簡単」というのは簡単にいかないものがあるということで、それらは私もバックアップできてない。Games on Demand で買ったものはたいてい簡単にバックアップできるのだが、一部、そうでないものがある。

これには注意が必要と思われ、遺すのに何がしかの対策を考える必要がある。(ディスク版を買うとか。) 自分のどのソフトがそうなのかは今のうちに確認しておいたほうが良いように思う。

また DLC のバックアップも普通はできるが、Title Update 系がなぜかバックアップできないのも注意が必要であろう。ここは Mod 職人に頼らざるを得ないのかもしれない。

ちなみにエミュレータの DLC 対応状況はかなり難しい感じで、対応している場合もあるが、この先もあまり大きく期待すべきでないのだろう。

……。

ただ、若干、心配なところもあって、ネット(の Xbox アカウント)からは購入履歴が十分にたどれなくなっていて、Games on Demand などを自分が持っていることの証明が難しくなっている。日記を付けるなり、購入メールを残すなり、これも何か対策が必要であろう。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-10T09:07:39Z OM7GV7hWTr
jrf> ゲームが永く遺って欲しい。「偉人」となって記念館が遺ればいいのでは? 「偉人」に私がなるより、他の誰かが「偉人」となったとき、記念館・倉・記録図書館が残りやすいよう盛り上げていくべきなのかな…。

……。

ゲームをする…というか、ゲームを保存するのが本来の私の仕事という話。レトロゲームのおもちゃ屋にでもなりたいのか…と前書いたが、その他に、「貸出アフィリエイト」とか、[cocolog:89675814] でレトロゲームの経済とか語っている。ただ、それらは著作権法的に厳しかったり、仕入れの仕方が今とまったく違うものでならなかったり…でいまいち「違う」という感覚がある。

どこかに書いたはずだが見つからないのでもう一度書くと、一番良いのは、私が偉人となってゲームなどが記念館的なもので遺産として保存され続けること。そうなればゲームを保存するのに大きな貢献をしたことにもなるのではないか。

そのために偉人となるわけではないから、偉人となるためにも何かが必要なわけで、それがこの先私にはできるはずもないのが悲しいところ。もちろん、偉人となるのは私でなくても良く、偉人じゃなくても新しい(?)宗教とかが倉を持ってるとかでも良く、それに私が影響して残してもらうとかでもいいのだが。

「偉人」といっても、長い目で見ると、何かしたとしても時代の必然で大したことではなかったとなるはずだから、そのおかげで記念に遺る物があればそちらにこそ価値が出るのかもしれない。

そういう意味では、「偉人」に私がなるようなことを考えるよりも、他の誰かが「偉人」となったとき、記念館みたいなものが残りやすいように盛り上げていく、それにコミットしていくことが重要なのかな…と思う。
2021-10-10T08:41:06Z /MHyPtiwjR
jrf> 囲碁NHK杯 鈴木×余。黒が四隅を取る展開。白は厚みがなければならないが、シチョウあたりなどが残っていてそこまで厚くないと私は見ていた。AI の勝率は五分。しかし、白の厚みは十分だったらしく、左辺から中央にかけて、ほとんど黒を殺しかける。黒が生きたというか白が生かしたところで、白は下辺に大きな地も付けハッキリと優勢に。154手で白の中押し勝ち。あと解説者の予想が当たることが多かった。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-10T03:15:45Z H2jPJrYSlA
jrf> エミュレータや  NoCD パッチなどアヤしいものをいっぱい実行して、PC が何か悪いものに憑かれたのか、少し挙動がおかしくなる。

具体的には、ローマ字かな変換で、あいうえおは入力できるが、子音が必要なものは「fあ」とか「kあ」とかになってしまう。…というもの。

再起動すれば治ったけど…。
2021-10-09T15:37:23Z 3MudvQKMDn
jrf> 安物買いの銭失い…をやってしまった。

社会シミュレーションのプログラムを作っているから、『シヴィライゼーション』ぐらいやらないとダメだろと思った。

最新の『Civilization VI』は、マシンの要件がチト厳しい。PS4 でやる手もあるが、できることなら、コントローラでなくマウスでやりたい。

そこで評判がかつて良かった『Civilization IV』に白羽の矢を立てた。「完全日本語版 デラックスパック」を中古で買った。しかし、これが失敗。実は、SafeDisc 問題というのがあって、Windows 10 ではできないらしい。BtS というのは NoCD パッチというのを使えばできるらしいが、ちょっと気持ち悪い。チュートリアルからやりたいのに、BtS にはそれがないのも痛い。

そこで、Steam 版を買い直した。セールがあるらしいが、気が立ってしまって待てなかった。英語版も勉強のためにいずれやりたいと思っていたので、元が英語版というのはちょうどいいかな。

全部で 7000円 ぐらいの出費、そこそこ痛い。
2021-10-09T05:29:36Z YrHEhsZ8hA
jrf> 今日は部屋がえらく暑いんじゃが…。湿度の問題か?
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-08T09:18:15Z 0kt9kwdYKh
jrf> 最近のエミュレータ事情をちょっと知る。PS2 が Bios 吸い出しまで簡単にできて完全に実用になっており、ディスク吸い出しの簡単さも相まって、コレクションがかなりオススメできる感じ。Xbox 360 がどうも吸い出しが、「簡単」ではないが、Mod 等の必要なくできるようになってる感じで、エミュレータは、私のマシンではスペック的に動かせないが、かなり実用に近づいているらしい。もう5年もすれば化けるのではないか。楽しみ。
2021-10-07T09:15:57Z 5/5E+sRQ5X
jrf> アニメの録画…特に秋の新アニメが多かったこと、NHK FM の浪曲の録音がたまっていたこと…があって、その消費にだいぶ時間を使っていた。その流れって言ったら変だけど、特撮映画『仮面ライダー THE FIRST・THE NEXT』を観て、Original Xbox 関連の実験・バックアップを行って、なんていうか「仕事」じゃないんだけど、「遊び」って気もしないそれらに結構時間を使ってしまった。ただ、今はシミュレーションのプログラムをやってそれを「仕事」みたいなツラしてるけど、私の本来の仕事はここ数日の「遊び」のほうなんじゃないのかな…という気もする。レトロなおもちゃ屋さんにでもなりたいのか、私は?
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-07T09:01:47Z uICek6FXMd
jrf> ノーベル物理学賞・真鍋淑郎のニュース。人間活動が二酸化炭素をうみ、人間活動が気温上昇をもたらすので、二酸化炭素が気温上昇をもたらすように見える…と私は信じていたのだが、ニュースによるとどうも、二酸化炭素が直接気温上昇をもたらすとされてるらしいのを知る。認識を改めるべきか…。
2021-10-05T15:04:20Z vfRbB2rz9r
jrf> Original Xbox の『スプリンターセル カオスセオリー』と『Gauntlet Seven Sorrows』を持ってたはずなのだが見当たらない。他はあるのに。

ゲームを売ることはメッタにないが、Xbox を買ってからだと一度だけまとめていろいろ売った記憶がある。そのとき売ってしまったか。だとすると、もったいないことしたなぁ…。

ただ、気が狂ってるときがたびたびあるので、しかたないこととはいえる。記憶が飛ぶのもいたしかたない。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-05T11:40:57Z AAwm8fsNL6
jrf> Original Xbox エミュの xemu (win-release build-202110012108) を実験。"Guest has not initialized the display (yet)." と表示される。いろいろ試すと MCPX Boot は mouse_rev0.bin で良いが、BIOS が "COMPLEX 4627" または xbox-4627_debug.bin でないとダメらしかった。プレイが合法かどうかは微妙なところ。
2021-10-04T23:03:17Z BKJcrOz+nN
jrf> 天皇制を廃止するとか何言ってんだと思っていたが、天皇制を一度やめて、そのスキに民主主義国家監視ではやりにくい側室等をいっぱいとって(男性)継承者を増やし、その後に天皇制を再度導入する…とかいうのがありうるわけか。再度導入はいうほど簡単ではないと思うけど。
2021-10-04T04:59:41Z CH72wg4Q5l
jrf> オーディオの設定。

スピーカーのスピーカー台での位置。元のピッタリの位置に戻した。後ろにズラして良くなる低音は一部で、良くなくなる部分もあるように思うようになったから、それなら別にいいかと元に戻した。後ろにズラすのは変態的で、それが心理的な負担でもあった。
2021-10-04T03:22:48Z nZeoWdQ3QK
jrf> アニメ『ラブライブ』の実現は、ステージ作りの難しさ等がある。逆に、そこで歌って踊れるステージをエフェクトとカメラワーク固定で提供して、標準の踊り方とかを YouTube で公開して客を募る…とかできないのだろうか。複数のステージを用意して予約を取って子供づれを呼び込むみたいなビジネスモデル。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-03T20:11:58Z YR1V2VYtht
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

MeanAmplifier、名前としてはガウシアンフィルタとか言いたくなるが、ガウシアンフィルタって別物なんだよな。
2021-10-03T06:38:41Z jdiX+eolJW
jrf> 囲碁NHK杯 河野×上野。黒が右上でうまく行ったように見えて、確かに白も上辺に地を囲ったように見えるが、そこまで強くない、だから、黒のほうが優勢かと私は見ていたが、AI は互角という判断。その後、中央の石がどうなるかが問題となり、ここは白が他で稼いで捨てるという道があるのか…と解説からはうかがえる。中央の白石が取られて、そこまで白が稼いでないと見えても、まだ、AI は互角ぎみ。しかし、右下でコウがらみになって、その後は黒が振り替わりぎみにうまく寄せたという感じ。193手で黒の中押し勝ち。すごい対局だった。
2021-10-03T02:40:09Z aWpER16rFt
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

「思考と思念を深めるのがよい」を進め、「空」観を極めていくと、エネルギーが得られ、世界が変えられる。…という話。「この世界は妄想である」という感覚に近いのかもしれないが、穏やかな範囲に留まっており、思考と思念を深めるだけでできることはあるという希望の話でもあるかな…と思う。現実問題としてどうか、シミュレーションだけでもどれほどそうなるようにすべきか…はまた別問題だが。
2021-10-02T13:16:34Z nBHJCtIqzx
jrf> 歴史教科書。政治的に国が決めたやつを一冊作り、その代わり今より検定がゆるい制度で副読本に教育バウチャー的に補助金出して自由に買って勝手に読んでもらうとかいうことはできないのだろうか? 私、学研のだったかな? 歴史の参考書を読むのが好きだったんで、そんなふうに思う。
2021-10-02T03:08:28Z OrvYqJkW+t
jrf> ↓は少し前のツイートだが…まぁ、基本はツイート主がオタクを半人前と見なしていることをレトリックでごまかす風を装いながら、差別的表明をしている…とは言えるのだろうが、それはそれとして、「易者」と見られたい(?)私は半人前でご都合主義なので、とても恥ずかしく申し訳ない気持ちになる。

《墨東公安委員会:Twitter:2021-02-15》  
https://twitter.com/bokukoui/status/1361318317345042437
>身も蓋もないことを言えば、一部の「オタク」、社会学叩きを率先してやっているような、「表現の自由戦士」と揶揄されるような人々は、社会の一員であるという責任から逃げ、それじゃあ子供だねと半人前扱いされないために、社会の外部にあって客観を装おうとしている、甚だご都合主義な人々なのです。<
2021-10-01T22:31:06Z 2z8C2TLMIZ
jrf> 今朝の散歩はさすがに寒かったので、長袖を出して着て行った。
2021-10-01T10:00:18Z xCHVftg8e2
jrf> 皇室の結婚に絡んで皇室の人権が十分でない話。いざとなったら、天皇のために命を懸けるのを求める可能性もわずかながらある。今の体制でも兵士の 5% ぐらいはそうである可能性もあると思う。彼らには人権がないかと言えばある。結婚が自由にならないのはある程度しかたないことで人権がないとまでは言えないと思う。どちらも何らかの補償で手を打つしかないのが今の体制なのではないか。

大人になれば何事も理想通りのまったくの自由にはいかない。どこかで調整する必要がある。それは普通人の結婚でもそうで、皇室だとそれが大掛かりだということではないか。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-10-01T08:10:46Z jGQZn9vVpU
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

次また simbdp3xi.py をいじるので、ここで、いちおう、ログのバックアップをすることにした。ただし、リポジトリの更新はせず、Tag は前付けたものを利用する。

ログのバックアップは GitHub に特別な Release を作ってそこに zip のバイナリを置く。その Release の URL は↓でバックアップは Asset の logs-*.zip になる。

《Release Logs 20211001 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/releases/tag/simbdp3x1-v0.0.1

なお、一緒に置いてある simbdp3x1_pickle-*.zip の中身は今回公開のログを取るのに使ったものである。グラフをまとめた figs-*.zip も置いておく。

logs-*.zip などが複数あるのは、alpha1 alpha2 を変えたものがそれぞれ入っているからである。

alpha1=alpha2=0.2 が logs-20210928.zip figs-20210928.zip simbdp3x1_pickle-20210926.zip である。

alpha1=alpha2=0.4 が logs-20210929.zip figs-20210929.zip simbdp3x1_pickle-20210928.zip である。

alpha1=alpha2=0.3 が logs-20211001.zip figs-20211001.zip simbdp3x1_pickle-20210929.zip である。
2021-10-01T08:10:27Z 5BKp3gBBwi
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

simbdp3x1.py の MeanAmplifier BlockMeanAmplifier の alpha1 alpha2 を 0.3 にして試した結果。normal がその normal で、t1normal は take 1 normal の略で前々回の alpha1 と alpha2 が 0.2 のもので、t2normal は take 2 normal の略で前回の apha1 とalpha 2 が 0.4 のもので、pnormal が simbdp3.py のもの。

python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p AccDeath -o fig-20211001_01.png
python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p AccAbortion -o fig-20211001_02.png
python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p Education -o fig-20211001_03.png
python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p AccKarma -o fig-20211001_04.png
python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p Population -o fig-20211001_05.png
python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p Power -o fig-20211001_06.png
python plot_logs.py t2normal t1normal pnormal normal -p NewKarma2 -o fig-20211001_07.png

《グラフ集: 2021-09-27 から - Issue #5 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/5

AccDeath は、normal は t2normal pnormal に近く、t1normal が異常な値だったことを示唆している。AccAbortion は normal は t1 や t2 に比べて成績がなぜか悪い。AccKarma は normal は t2 並みにヒドイが、MeanAmplifier が数値を動かした結果であろう。人口で割らない Karma の NewKarma2 は、normal は t2 並みに揺れている。Power や Education も t2normal 並みに揺れているが、t2 より上下の際に中間の値を取らないのがちょっと予定通りではない。

問題の lsth がらみを見て行こう。コマンドは省略する。

Population や AccDeath は参考程度で差が付いているが、まぁ、ランダムなブレの範囲か。AccKarma は今度は ltom ltomlsth が下がっているのがキレイに出ていて、lsth が normal より上、ltomlsth が ltom より上に来ているのは予定通りだが、前ほど差がないのが気になる。AccVKarma はやはり差がないが ltom ltomlsth のほうが小さくなっているようだ。
2021-10-01T03:42:26Z gdLYAe7vFk
jrf> ↓の「ひとこと」を書いた。

[cocolog:93039063]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/10/post-eb5caf.html
>棚村重行『現代人のための教理史ガイド』を再読した。ただし、それとはあまり関係なく、「シミュレーション仏教」を作っている合間に、「シミュレーション キリスト教」はどのようなものか少し考えてみたりした。<
2021-09-30T12:22:57Z TmWPwPyJ6N
jrf> 昨年の右肩に続き、今年は左肩が五十肩に。症状としては、腕に体重をかけたり背中に手を回そうとすると痛む…とか。確定診断をもらうためだけに医者に行った。治療は痛み止めをもらったりリハビリしたりがメインで基本は時間が解決系。注射で痛みが半減することもあるらしいが、糖尿病のため今年は打ってもらえなかった。
2021-09-30T09:54:42Z J8l0BtlKle
jrf> 味の素の冷凍 新 ギョーザ、再トライしたところ、とてもおいしかった。…とすると、前回は、8月の一番暑い時期だったので、冷凍に失敗していた説をやはり取りたくなるな…。にらの風味もおいしく肉の味も良い。これなら私の舌では昔のものと違いがわからないくらい良い。
2021-09-30T09:19:30Z DSAIc+0qQq
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

(承前)

「易者」に見えるというのは…、他者を理解し知りたいという欲求はあり、そこから他者の齟齬・やるべきことを指摘するようなことはするが、本人は大して目指すべきところを持っておらず、せいぜい生活ができるようになりたいぐらいの願いしかないから。

……。

願いとしては書いたことが読まれること・未来においても読まれるよう残ることもあるが、それは未来の他者を理解して対話して場合によってはこうやるべきと指摘したい…ということなのではないかと自らを推察する。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-30T06:00:06Z qp1whw64ZW
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

最近でもないが前から、私はつまるところ自分は「易者」なんじゃないかと疑っている。もちろん、本物の易者から見ればまったくそうではないのだが、易者以外の他の人間が私の「宗派」を当てようとすれば「易者」ということになるのではないか…と疑っている。
2021-09-30T02:31:35Z Zqh6K2hCni
jrf> 『冷凍 日清のどん兵衛 鴨だしそば』、このところ特に理由なくご無沙汰していたが、久々に食べるととてもおいしかった。母の作った栗入り赤飯といっしょに食べると、そのつゆのしょうゆ味がよく合った。
2021-09-29T20:16:56Z PWAb9aZ1uy
jrf> なんとなく頭がスッキリしない。五十肩の痛みがあるのと、うまく眠れてないのと、食べ過ぎで血糖値が上がっているのと…そういう複合的な原因だと思うのだが…。まずは、食べ過ぎをなんとかするところからはじめよう…。
2021-09-29T10:24:52Z nmSom4x5fi
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

前に更新してから多くを足した割に更新せず時間が経ち過ぎてる気がするので、中途半端かもしれないが、ここで simbdp3x1.py の最初の公開をしておく。(バージョン 0.0.1)

《simbd/simbdp3x1.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/simbdp3x1.py

alpha1 と alpha2 はとりあえず 0.3 にしてある。

今回、make_logs.sh make_figs.sh など足されたファイルが多い。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-29T09:59:29Z pYw1gtvjNH
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

simbdp3x1.py の MeanAmplifier BlockMeanAmplifier の alpha1 alpha2 を 0.2 から 0.4 にして試した結果。normal がその normal で、t1normal は take 1 normal の略で前回の alpha1 と alpha2 が 0.2 のもので、pnormal が simbdp3.py のもの。

python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p AccDeath -o fig-20210929_01.png
python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p AccAbortion -o fig-20210929_02.png
python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p Education -o fig-20210929_03.png
python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p AccKarma -o fig-20210929_04.png
python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p Population -o fig-20210929_05.png
python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p Power -o fig-20210929_06.png
python plot_logs.py normal t1normal pnormal -p NewKarma2 -o fig-20210929_07.png

《グラフ集: 2021-09-27 から - Issue #5 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/5

normal は t1normal に比べて AccDeath は pnormal に近く、AccAbortion は pnormal に比べればかなり成績がいいが、t1normal に比べれば悪い。AccKarma は normal はヒドく、これは MeanAmplifier が良くも悪くも数値を動かした結果であろう。人口で割らない Karma を見るために NewKarma2 という指標を用意したところ、normal はかなり揺れており、これは予定通りと言える。Power や Education も normal は t1normal より揺れており、これらも予定通りである。

問題の lsth がらみを見て行こう。コマンドは省略する。

Population や AccDeath は参考程度だが、なぜか ltomlsth が死亡者が少ない。AccKarma は今度は lsth がそんなに normal より大きくない。というかほぼ変わりない。ltomlsth が ltom より大きいのは予定通りなのだが。AccVKarma は差がないのがショックだが、リクツで言えば ltom ltomlsth のほうが大きくなって欲しいところ、逆になっている。

ついでだから、今度は alpha1 と alpha2 を 0.3 にするのも試してみよう。
2021-09-29T06:23:29Z nBP8d7eMBV
jrf> オーディオの設定。

低音に不満がある。サブウーファーの音域ではなくその上…ということだとスピーカーのツィーターとウーファーのうちウーファーに問題があるように思う。しかし、ウーファーだけをいじるような設定はない。スピーカーの向きとかはさんざん試した…。

…といった中で、一つ思い付たのが、スピーカーをスピーカー台に置くとき、たまたまスピーカー NS-B330 はスピーカー台 SB-525 にピッタリだったので、これまではピッタリそのまま置いていたが、これを前後にズラして置いてみたらどうだろう…ということ。

試したところ、後ろにギリギリ後ろの足が入るくらいにズラすと、低音が良くなった気がする。わずかに下に反射するのがよいのだろうか。前足がしっかりするのがよいのだろうか。よくわからない。ただプラセボに過ぎない可能性も強く、しばらく試してみるつもり。
2021-09-28T05:56:43Z mA83m6SIkF
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

lsth ltom ltomlsth を出力して、前のようにグラフにしてみた。fig-20210928_*.png がそのグラフ。実際のコマンドは今度公開される make_figs.sh などをご参照いただきたい。

《グラフ集: 2021-09-27 から - Issue #5 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/5

みると、AccKarma が lsth が normal の上に来るのはいいのだが、ltomlsth が ltom とほとんど差がないのが気にかかる。リクツでいけば、ltom のほうが差が付きやすいはずなのに。MeanAmplifier が入ったため逆におかしくなったということだろうか? 重犯罪の重さをみる AccVKarma は、ltom では重くなるというのがリクツなのだが、そうなっていない。ここでも lsth が妙に重くなっている。理由が見えない。 ltom の最初でガンと下がるのが、分散を大きくしてしまいその後の hating の変化に対応できていないということだろうか?

今度は、予告通り、MeanAmplifier BlockMeanAmplifier の alpha1 alpha2 を 0.2 から 0.4 にして試してみる。
2021-09-26T21:30:23Z oV1L6x+s2n
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ここまで書いたところでシミュレーションを回してみた暫定的な結果。pnormal は前の simbdp3.py の結果。どういうふうに回しているかは、今度公開される make_logs.sh で確認していただきたい。

python plot_logs.py normal pnormal -p AccDeath -o fig-20210927_01.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccAbortion -o fig-20210927_02.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Education -o fig-20210927_03.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccKarma -o fig-20210927_04.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Population -o fig-20210927_05.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Power -o fig-20210927_06.png

《グラフ集: 2021-09-27 から - Issue #5 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/5

災害が減ってるはずなのに normal のほうが AccDeath が増えているのは、Education の扱い方が変わって Power が足りないせいのように思う。AccAbortion が normal ではほぼ 0 なのは良い傾向。AccKarma が変わってないのが意外で、Education の変化も乏しいことから、MeanAmplifier が十分機能していない可能性が考えられる。そのパラメータである alpha1 や alpha2 を 0.2 にしていたが、これを 0.4 にして試してみるべきかもしれない。

ただ、試す前に動機となった lsth が AccKarma で差がない問題がどうなったかをまずは調べてみることとする。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-26T10:51:00Z PIXWPQlf3n
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

人口の減りかたが激しく、目標人口になかなか達しないので、洪水の頻度をさらに 2/3 倍、大火事の頻度をさらに 1/2 倍した。
2021-09-26T10:31:44Z je3vUuRzmS
jrf> やはり倍ビッグマックは、肉々しくてうまいなぁ。私にとっては、かなり満足度が高い!
2021-09-26T07:18:40Z SA90woApzO
jrf> 囲碁NHK杯 鶴山×本木。序盤は小さく囲い合い、左下だけ広く空いていたが、いつ三々に入るかといったところ。私は黒のほうが得しているかと思っていたが、AI や解説者は白を支持。黒その三々に入ったところで、徐々に AI も 解説もやや黒ペース…だが中盤を過ぎてもほぼ互角。白が下辺で難しい対応を迫られ、コウになる。コウ争いの中、私は難しくてよくわからなかったが、黒がハッキリ優勢となったらしい。295手で黒の中押し勝ち。
2021-09-25T22:42:35Z D9mMH5pSkr
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

「堕胎」と結婚の処理をいじる。

まず、目標人口以下である場合は「堕胎」は行わず、want_child_mag の操作のみで乗り切ろうとする。目標人口以上になったとき、結婚をするはずだった男女のうち、15% が結婚できないようにする。そのとき結婚しないよう選ばれるのは、ランダム性を加味しながら若いカップルのほうが選ばれやすくする。

そして目標人口 * 1.05 以上になったとき、不倫の子供の「堕胎」が起こり、結婚をするはずだった男女のうち、30% が結婚できないようにする。

そして目標人口 * 1.10 以上になったとき、結婚した子供の「堕胎」が起こり、結婚をするはずだった男女のうち、45% が結婚できないようにする。

ただし、産む上限がある場合も、その適用は産む12ヶ月前の上限によるとする。どれだけ人口が多くなっても、産む上限はこれまで通り(の0.8倍の)最低限の数は確保されるものとする。

あと、誕生の処理は全国一律だったのを、地方ごとに変える。
2021-09-25T19:22:26Z nYia3dt3Od
jrf> アニソン。アニメ『迷宮ブラックカンパニー』ED は、ワニベ(CV:下野紘)が歌ってるんじゃないんだね、声が似てるのに。海外の反応でも私みたいにワニベじゃないか…と思った人がいたみたいだけど、Wikipedia を読む限りそうではないらしい。
2021-09-25T13:06:38Z kENeAWEcQe
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

BlockMeanAmplifier というのも作った。重犯罪の判定用。

MeanAmplifier は時系列のスカラー値を取るのに対し、BlockMeanAmplifier は可変長のリストの時系列を取る。

bma = BlockMeanAmplifier() として、リスト xs を与えるときは bma.update(xs) とする。過去これまでに従って現在の個々の値 x の増幅値を知りたいときは bma.test(x)  とする。なお、bma.test(x) を使ったあとの x すべてを記録したものを xs とすると、通常は bma.update(xs) とするべきだが、そのような x は自動的に記録されているため bma.update() だけで OK。
2021-09-25T10:33:47Z 4L3sEpD4rs
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

simbpd3.py に平均付近の増幅(MeanAmplifier)を取り入れる。

その名前は simbdp4.py でも良かったが、そこまで大きな変更でもなく、また stats_simbdp3/plot_logs.py をそのまま使いたいことから、simbdp3x1.py をその名前とする。run_simbdp3.sh は、代わりに run_simbdp3x1.sh を使うこととする。

MeanAmplifier を教育に関して取り入れるかが問題となる。MeanAmplifier は雰囲気のようなものを数値に転換していると言えるが、教育は、知性の水準を表しているはずで、それを雰囲気で判断して良いかが問題になるのである。

ただ、simbdp3x1.py については深く考えず、知性の実際の水準よりも知的雰囲気のほうが、国力や犯罪に影響しているとして、MeanAmplifier を取り入れる方針で行くことにする。

……。

ところで MeanAmplifier、人工知能(AI)と相性良さそうだが、そういうのすでにあるのだろうか? 本当は何と呼ばれてるんだろう?

……。

次のバージョンから、make_logs.sh と make_figs.sh が付くことになる。

これらは run_simbdp3.sh や plot_logs.py のパラメータでこれまで書いてきたものの多くを記録するために作ったものである。

私は実際にはこれらをちょこちょこっといじったものを使って毎度ログを取り、グラフを描いている。ただし、これらを使って一気に make することは時間がかかり過ぎることもあり本当のところあまり考えていない。
2021-09-25T07:38:36Z tfydmHFw8X
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

次から新しい段階に入るので、ここで、いちおう、ログのバックアップをすることにした。ただし、リポジトリの更新はまだせず、Tag は前付けたものを利用する。

ログのバックアップは GitHub に特別な Release を作ってそこに zip のバイナリを置く。その Release の URL は↓でバックアップは Asset の logs-20210925.zip になる。

《Release Logs 20210925 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/releases/tag/plot_logs-v0.0.7

なお、一緒に置いてある simbdp3_pickle-20210921.zip の中身は今回公開のログを取るのに使ったものである。グラフをまとめた figs-20210925.zip も置いておく。
2021-09-25T03:31:43Z JfnvfxfCC7
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ケガ・障害はこれまで災害などの特別なとき以外発生しなかった。それを、一般死亡の1.2倍ぐらいの確率で、すべての人についてランダムにケガ・障害が出るようにした。

また、強姦に相当するもので、行きずりの不倫のうち、女性については一定の確率で特別に hating が強くなる場合を作った。オブジェクトが Rape ではなく Adultery になるが、そこは名前以外違いがないので、こだわらなかった。なお、相手については、1/2 の確率でカルマがたまるようにした。1/2 の確率なのは、当局に犯罪と認識させるのが難しい場合があると想定して。

次のバージョンから…。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-24T09:57:06Z jGg3Vciw3E
jrf> かつおのたたき、おいしかった。前言ったスーパーで買ったやつ。今年はかつおがいいという噂は本当らしい。ただ今日はネギと土生姜が辛かったけど。(^^;
2021-09-24T00:48:46Z CQ6Kw95/Gv
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

lsth がうまくいかなかったのは、 VirtualHating に対する「感度」が弱いから…だろう。「感度」の自動調節ができないか?

10年ぐらい VirtualHating の記録しておき、その変化が少ないなら、その少ない変化で犯罪量を大きく動かすようなことがしたい。

記録の平均を mu、標準偏差を sigma として、この期の VirtualHating が v1 のとき、((v1 - mu) / sigma) * 0.4 から犯罪量 c1 を決定してみてはどうだろう?

しかし、この場合、相対評価ということになるが、高い VirturalHating が続いた場合、mu が増えることで、だんだん c1 が小さくなってしまう。これは違うんじゃないか?

そこで前の VirtualHating が v1 で犯罪量が c1、次のものが v2 と c2 とするとき、c2 = c1 + k * ((v2 - v1) / sigma) * 0.3 としてみてはどうだろう? mu のかわりに前の値 v1 を使うのである。

しかし、そうすると犯罪量が大きくなり過ぎたり、小さくなり過ぎたりするのではないか? 前の値 v1 でなく mu を使ったほうが素直か?

……。

ちょっとテストしてみた。

《test_of_mean_amplifier_2.py: 平均付近の増幅》  
https://gist.github.com/JRF-2018/ee1bfe8b3cc676a5389ed5f81c6f544f

表示されるグラフも↑に貼り付けた。

上のグラフが時系列の元のデータで、これが VirtualHating だと思いねい。

そして、下のグラフの青い y2 が、mu を使った場合で、黄色い y3 が、前の値 v1 を使った値。そして、折衷的に、(y2 + y3) / 2 したのが y4。

このグラフを見る限り、y4 がいい感じだが、simbd の実験に組み込んでもうまくいくのかどうか…。
2021-09-23T10:29:44Z A7GixZV2kI
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

plot_logs.py をバージョンアップ (0.0.7)。

《simbd/plot_logs.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/stats_simbdp3/plot_logs.py

そして、↓に今回のレポジトリをバックアップしておいた。

《「シミュレーション仏教」のバックアップファイル置き場》  
http://jrockford.s1010.xrea.com/archive/simbd/index.html
2021-09-23T07:45:06Z OEn6jjU/IG
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

前回、lsth がうまくいかなかった。VirtualHating に差が付きやすい ltom でやってみたらどうだろう? …と思いやってみた。

ltom は前といっしょだが、いちおう書いておく。

run_simbdp3.sh ltom 10 -L -t 360 --tombs-population=10000
run_simbdp3.sh ltomlsth 10 -L -t 360 --tombs-population=10000 --soothe-nation-threshold=0.6 --soothe-nation-threshold-min=0.5 --soothe-nation-threshold-max=0.7

python plot_logs.py normal lsth ltom ltomlsth -p AccDeath -o fig-20210923_01.png
python plot_logs.py normal lsth ltom ltomlsth -p AccKarma -o fig-20210923_02.png
python plot_logs.py normal lsth ltom ltomlsth -p Hating -o fig-20210923_03.png
python plot_logs.py normal lsth ltom ltomlsth -p VirtualHating -o fig-20210923_04.png

《グラフ集: 2021-09-22 から - Issue #4 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/4

いちおう AccDeath をみてみたが、これは差があるべきでないのに、AccKarma より差がある感じで口惜しい。AccKarma は ltom が下に来るのはいいのだが、ltomlsth が ltom より上に来て欲しいところ、上には来ているがその差はほぼない。

normal は ltom に比べて hating の影響を受けにくく、「頑健」と言えるかもしれない。…みたいなことが言いたかったが、この程度の差ではそれは言いにくい。

lsth が効果を発揮するには、軽犯罪の発生率に関してアルゴリズムを変更する必要がありそうだが、どう変えれば良いのか…。しかし、今さら変えるのもなぁ…。

……。

ちょっと長くなったのでここらで一区切りしよう…。
2021-09-22T21:33:26Z xH0ZcFSak3
jrf> ちょっとダルいな。もう少し寝るか。街に行ったあとだから、こんなものかな。まぁ、でも街に行く前からちょっと調子が悪かったけど。
2021-09-21T18:00:14Z JAvP7V7rIc
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

lsth (less soothe) を見るために再度ログを取り直す。normal については前のものに --no-frozen を付けたもの。

lsth は次のようになる。

run_simbdp3.sh lsth 10 -L -t 360 --soothe-nation-threshold=0.6 --soothe-nation-threshold-min=0.5 --soothe-nation-threshold-max=0.7

まずは前回の normal を pnormal とリネームし、それを今回の normal と比較してみる。

python plot_logs.py normal pnormal -p AccDeath -o fig-20210922_01.png
python plot_logs.py normal pnormal -p AccAbortion -o fig-20210922_02.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Education -o fig-20210922_03.png
python plot_logs.py normal pnormal -p NewKarma -o fig-20210922_04.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Hating -o fig-20210922_05.png
python plot_logs.py normal pnormal -p PoliticalHating -o fig-20210922_06.png
python plot_logs.py normal pnormal -p Population -o fig-20210922_07.png

AccDeath に違いが現れているのが良くわからない。Population を調べると最初のころに大きな違いがあるようなので、それが後々に影響したということだろうか。リクツで言えば違いが出そうなのは PoliticalHating で、それが normal では低く出て欲しいところなのだが、ほんの少しだけしかそうなっていない。

次に lsth と normal を比較してみる。

python plot_logs.py normal lsth -p AccDeath -o fig-20210922_08.png
python plot_logs.py normal lsth -p AccKarma -o fig-20210922_09.png
python plot_logs.py normal lsth -p Hating -o fig-20210922_10.png
python plot_logs.py normal lsth -p VirtualHating -o fig-20210922_11.png

AccDeath の違いが出てないのはリクツ通り。AccKarma に差がまったくないのはなぜだろう? lsth は soothe が少なくなっていることから、Hating が上がり、継いで VirtualHating が上がるはずで、それにつれて AccKarma も上がるはずである。Hating も VirtualHating も上がっているが、VirtualHating の差は 0.005 程度と、差が少な過ぎるのが問題か。

グラフは↓にも貼っておく。

《グラフ集: 2021-09-22 から - Issue #4 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/4
2021-09-21T11:19:37Z uF+UOqS8Fm
jrf> (承前)

原発事故に関する「汚染水」問題も同じ。

「処理水」という用語で呼んで欲しいというのはわかるし、私も「処理水」という言葉を使うようにしている。

しかし、用語の使い方は使い手側のコードの問題で、専門家側のほうがいつも良い言葉遣いをしているとは限らないもの。世間とズレてたり…がある。

そこでこだわって消費者に益があるかが問題。
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-21T11:08:25Z sRPHL09mDa
jrf> また高木浩光さん案件。

私も「顔識別」や「顔認識」を「顔認証」と呼ぶ間違いをしている。

ただ、本人かどうかを認証しない「なぞなぞ認証」も認証であるなら問題ない気がするのだが。

Wikipedia を Wiki と呼び、WWW をインターネットと呼ぶのと大して違いがないように私は思うなぁ。

personal data の翻訳に対する例のような問題は薄いと思う。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-21T03:04:08Z 2Ba7U5x4Jy
jrf> 前からずっとだが、目がかなり悪くなってしまった。最近はパソコンの字も読みにくくなってきてしまった。
2021-09-20T17:29:45Z aG3bdECBCe
jrf> 最近お金使い過ぎだなぁ…。買ってるのは細かい物が多いけど。安物買いの銭失い?
2021-09-20T05:28:41Z As3dI4ZG6H
jrf> 私は「表現の自由戦士」側だからアレなんだけど…。フェミニスト議員連盟が VTuber を法的根拠なく「お気持ち」で下げさせたという点。問題ないとはいわないが、しかし、法や経済力で自由にならない独立した力を女性・母性が持つというのは、昔は特に必要なことだったと思う。女性一般に経済力・権力を持ってその必要性が薄れてる面はあるかもだが。
2021-09-20T01:34:41Z C2oSTkHyK3
jrf> 公開鍵で作った暗号文があって公開鍵を知らないよりも知ってるほうが秘密鍵をあばきやすい…というのは事実だと思うけどなぁ…。まぁ、署名に使うのに公開鍵(というか署名確認用の鍵)を公開しないというのはあり得ないが、暗号通信に公開鍵をできるだけ公開しない・させないという戦略はあり得ると思うけどなぁ…。

《Hiromitsu Takagi:Twitter:2021-09-19》   
https://twitter.com/HiromitsuTakagi/status/1439485139864604678
>これが偶に聞こえてくる「公開鍵を隠せ」言説の正体か。
https://twitter.com/jirok/status/1439444670124199938

(批評に必要な公正な慣行に合致した引用)
https://t.co/IY28CTqx0M
<

《Hiromitsu Takagi:Twitter:2021-09-19》  
https://twitter.com/HiromitsuTakagi/status/1439487846994243585
>みんな絶対言わないだろから、私が言うしかない。 

これはうっかり筆が滑ったというレベルではなく、電子署名の根幹から理解がおかしいことを露呈したもので、このレベルでの無理解は、全体設計への深刻な勘違いを産むし、己の無理解に無自覚である様子も、意思決定に重大な障害をもたらすだろう。<
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-20T00:53:10Z OxydJ4ZkPg
jrf> Firefox のファイルの Drag&Drop。仕様変わった? GitHub の Issues でコメントのテキスト書きながら、グラフを挿入するとき、前はドラッグ&ドロップすると、テキスト書いてる後に挿入できたんだけど、今日は、ドラッグ&ドロップした位置近くに挿入されてしまった。前の動作の方がいいのだが。ただ、Firefox が原因なのか Windows 10 のウィジェットの問題なのかはよくわからないところ。一時的なもの、または、私の操作の仕方の問題かもしれないし…。
2021-09-20T00:28:58Z r8WWKALNo1
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ここで、いちおう、ログのバックアップをすることにした。

まず simbdp3.py などの更新を公開しておく。(バージョン 0.0.8)

《simbd/simbdp3.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/simbdp3.py

そして、ログのバックアップである。GitHub に特別な Release を作ってそこに zip のバイナリを置く。その Release の URL は↓でバックアップは Asset の logs-20210920.zip になる。

《Release Logs 20210920 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/releases/tag/plot_logs-v0.0.6

なお、一緒に置いてある simbdp3_pickle-20210914.zip の中身は今回公開のログを取るのに使ったものである。グラフをまとめた figs-20210920.zip も置いておく。
2021-09-20T00:19:10Z /FftjMM0fA
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

normal のログを求めるところからやり直す。前とパラメータは同じなので、run_simbdp3.sh と plot_logs.py のコマンドはこの先しばらく、示さない。グラフ集は Issue に新たなエントリを作った。

あと、新たに worst1 と worst2 のログを作った。worst1 は ledu ltom lpe fana mwar 。worst2 は ledu ltom lpe fana mwar mpop mamb mpr。コマンドとしては…

run_simbdp3.sh worst1 10 -L -t 360 --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20 --tombs-population=10000 --prophecy-effect=0.5 --nation-education-power-threshold=0.925 --faith-realization-power-threshold=0.925 --invasion-average-term-min=60

run_simbdp3.sh worst2 10 -L -t 360 --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20 --tombs-population=10000 --prophecy-effect=0.5 --nation-education-power-threshold=0.925 --faith-realization-power-threshold=0.925 --invasion-average-term-min=60 --priests-rate-max=0.0125 --priests-rate=0.00666666666666667 --priests-rate-min=0.004 --invasion-average-term-min=60 --population=11000,11000,5500 --change-ambition --ambition-goal=0.70

python plot_logs.py normal worst1 worst2 -p AccDeath
python plot_logs.py normal worst1 worst2 -p AccAbortion
python plot_logs.py normal worst1 worst2 -p AccKarma
python plot_logs.py normal worst1 worst2 -p Education

…になる。

本当の worst は worst1。ただし、ltom は必ずしも悪い方向ではないが、ltom には lpe が必ず伴う…とするとすると、worst に ltom も現れるという感じでこれを worst に入れている。

worst2 は、「仏教」がないとした場合の発展の方向といった感じになる。逆に normal は、人口上昇がどうしてもできない場合に、その「エネルギー」を「仏教」に振り向けたといった感じか。

なお、simbdp3.py はこのログを取ったときから若干の変更がある。そのため、このログを取るのに、バージョン 0.0.8 ではこれまでのオプションにさらに、--soothe-political-hating-decay=1.0 --soothe-merchant-hating-decay=1.0 --soothe-merchant-hated-decay=1.0 を指定したのと同じことになる。

《グラフ集: 2021-09-20 - Issue #3 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/3

次回は、これらの soothe に関するオプションなしのデフォルトで行い、諸行無常の効果が薄い low soothe の条件も試そうと思う。worst1 や worst2 は low soothe の条件付きになるので、それらも少し変わる予定。

なお、グラフについてだが、fanamprmprs の死亡が大きく出過ぎている。このシミュレーションはどうしてもそういうことが起きることがあるらしい。カルマについて ltom の効果だと思うが、normal が worst1 や worst2 よりハッキリ悪いのはいかがなものか…といったところ。
2021-09-19T19:57:19Z SDUo1d5bRi
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

自分としてはスゴイことをやったつもりがあるのだが、注目されない…というか「注目」までは必要ないが、誰か別の人が追試とかもやってくれない…というのは、やはりツライ…というか悲しいというか…認知的不協和がある。

それはいつものこと…といえばそうなんだけど、今回はかなり時間をかけただけに、その思いも強い。

ただ、これもいつものことなんだけど、振り返って冷静になれば、たいしたことはやってない…いや、「たいしたこと」というのを私自身が否定したくないから別の言い方をすると、他人が見てすぐ役立てるような形になってないのは事実で、今回みたいなシミュレーションの場合、ヤッコー…やってみたらこーなった以上のものでないのは、そうなのかな…という感じ。

でも、ここで手綱を離したら、それこそやってきたことが無意味になるので、なんとかドキュメント書く作業に入って、地道に…ひたすら地道に書いて、興味を持った人がフォローできるように仕上げたい。
2021-09-19T10:19:15Z Zf9F0aT+WN
jrf> 今日は何となく暑いな。真夏ほど暑くないのにクーラーがいる。蒸し暑いということなのかな?
2021-09-19T08:38:52Z pKXUou93g9
jrf> アニメ『迷宮ブラックカンパニー』。このところ、ランガが魔法を使ってないのが気になる。そういう場面が意図的に排除されてるような? 何の演出だろう?
2021-09-19T07:53:09Z g1FdRVVTUX
jrf> 囲碁NHK杯 六浦×羽根。見どころの多い対局だった。左上で戦いになり、白がうまい手を打ったと思ったら、黒凌ぐ。白上辺で危ないと思ったが、逆に白が黒を取る。しかし、下辺で黒が白を攻め、解説では黒も最善という感じではないがコウになり、白がコウを解消するものの、地合いで黒有利。黒ちゃんと寄せて、246手完 4目半で黒の勝ち。
2021-09-19T00:45:42Z quEQrNOPM9
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

田上太秀『仏典のことば さとりへの十二講』([cocolog:93013747])からもう一点。

諸法無我について。

>simbd (…)を作ったとき self をプログラムで使ってはいるが、それは我と呼べるような AI ですらない。我がなくても世界の実相はつかめる…我の必要なく世界・諸法をつかめ…世界に我の必要なくせしめよ…とは言えるのかもしれない。…とは思うが、「諸法無我」はそういう意味なのだろうか? 「諸法無我」がそういう意味なら、私もある程度は納得ができるが…。<

最初のころ「信頼度付きで論理式をいじる」など論理体系を作る話をしていたが、法律の事実認定の論理などを作るのもとても難しいことで、そこには私はどう考えてるか…私から見てどうか…みたいなことが必要になると思う。

しかし、「私から見てどうか」は別として世界はあるのだから、その世界を論じることができ、simbd のように「私から見てどうか」は、ambition や education といったパラメータに落ちる。そうなれば「私から見てどうか」はいらなくなる。

確率を議論するときも、↓のような問題で、観測者が「自分」であるかどうかで物事が変わる気がするが、しかし、「自分」というのを結局出てこなくても様々な観方の結論は出せる。

《眠り姫問題のプログラム》  
http://jrf.cocolog-nifty.com/software/2017/02/post-1.html

《モンティ・ホール問題または三囚人問題の拡張とその確率操作シミュレーション [ JRF のソフトウェア Tips ]》  
http://jrf.cocolog-nifty.com/software/2016/08/post.html

「自分」であることは何かとても大事なことのように思うが、問題を解いてみると、案外「自分」はいらない。

それが「諸法(において)無我」ということになるのだろうか?

結局、シミュレーションプログラムに落とせた。それがこのプロジェクトにおける「諸法無我」の現れ…となるのだろうか?

……。

四法印のうち、諸法無我は上の通り、涅槃寂静が「来世がないほうが良い」…として、一切皆苦が逆に苦の中を生きるべきだということで「生きなければならない」に、すると残りの「諸行無常」が「思考と思念を深めるのがよい」に相当するのだろうか。むしろ、一実相印…諸法実相の空観のほうが「思考と思念を深めるのがよい」となり、「諸行無常」は田上太秀『仏典のことば』のメモで述べたように、この「諦観」も「来世がないほうが良い」に含まれるということだろうか。

《法印 - Wikipedia》  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E5%8D%B0

まぁ、無理矢理あてはめすぎか…。
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-18T23:36:22Z 22LP0TB4g4
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

「空」観が「エネルギー」をもたらす…と書いた。しかし、「観」であるということは「「思考と思念を深めるのがよい」の方向でしかないのではないか。それと何が違うのか?「思考と思念を深めるのがよい」がエネルギーをもたらすということか?

システムのパラメータを動かすその「外在」にエネルギーを注ぐべきことを理解しているということで、それは「深める」というよりは「行動する」に近いということではないか。

その行動の原資が「神秘的」に供給され、それを受け容れるということか? 神秘的にはそれもありうるのかもしれないが、基本は、妨げていたものに気付くぐらいの話で、その妨げていたものを取り除く行動がなされるということだろう。その行動に少しエネルギーを使えば、または触媒的なものを用意すれば、より大きなエネルギーを活かせる…といった感じか。

そういうことができるという洞察は、システム内部では確かに「思考と思念を深めるのがよい」の結果ではあるのだろう。しかし、エネルギーを活かす方向への commit …その行動は、「生きなければならない」や「来世がないのが良い」からの是認とも共にある…ということではないか。

むしろ、最適化のためのエネルギーが先にあり、そのエネルギーをどのような空…構造として捉えるかという話でしかないのだろうか? その空性がわかることで、そのエネルギーの利用が「必然」となって安定する。…とまでは言えないか…?

エネルギーを増やして最適化した状態になってもシステムが壊れない。そのことがシステムが空であるということなのだろうか? 要は、システムに「空き」がある…と。これも偏った見解に思うが…。
2021-09-18T22:29:03Z egItcUL6kl
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

(承前)

……。

>
>空のもとの意味は「膨れ上がった」であった。<(p.85)

空は 0 であると同時に 1/0 の無限大を表し、1/0 が「膨れ上がった」ということだろうか? むしろ、空としては、極限や微分作用素・積分を考えるべきだろうか? 無限小を無限個集めれば有限に留まり、その数値はなんとでも変化できる。そのなんとでもなれるからこそ、それにより世界が作られうる…ということだろうか? 

>では、ゼロが虚無だけの意味であるとすると、10 という数字の 0 はどのように理解すればよいだろうか。(…)10の数は 9 に 1 をプラスして得た数字であり、0 の記号は 1 から 0 までの数を含む意味がある。もし 100000 という数の 0 が虚無であれば、その 0 を重ねて書く意味があるだろうか。この場合、一の位の 0、十の位の 0 ないし万の位の 0、それぞれ虚無なのだろうか。そうではなく、それらの 0 はかぎりなく膨張した数を表す記号ではないか。0 をもっと増やせば、0 の内容はますます膨張していく。数字のシューニャ、すなわち 0 は膨張するものなのである。<(p.88-89)

>世間を空と観察することは、私たちにどんな生きる術を教えたのだろうか。<(p.95)

「諸法皆空」は simbd には何にあたるのだろう? 空であると知ること、それは世界の実相を知ることである。それを知ることで世界を変えていける。世界を「膨張」させていける。…ということではないか?本目的三条件などをそれがないところからあるところに移行するときには「エネルギー」がいると私は考えた。その「エネルギー」を与えるものこそ、「諸法皆空」が示すものではないか?

simbd では「カルマ」は牢にまだ入ってないことを表すに過ぎない。「諸行無常」は soothe でしかない。そして、「諸法皆空」は、それが浸透することで、どこにエネルギーがあるかが知られ変化できる…ということでしかない。…そういうふうに言えないだろうか?

「諸法皆空」は現代で言えば科学知識の発見のようなものということになる。

空であると、ある種のシミュレーションで表せると、観じることで、できることが広がる…。本当か?
<
2021-09-18T22:28:19Z zG6T2zwaON
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

本を読み↓という「ひとこと」を書いた。そこから simbd に関する部分をいくつか抜き書きしておこう。

[cocolog:93013747]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/09/post-fef7d9.html
>田上太秀『仏典のことば さとりへの十二講』を再読した。「諸法皆空」は simbd には何にあたるのだろう? 空であると知ること、それは世界の実相を知ることである。それを知ることで「エネルギー」を得て世界を変えていける。…ということではないか?<

>
諸行無常は simbd のどこに現れているだろうか…と考えてみる。諸行無常そのものは現れていない。しかし、諸行無常がもたらす諦観こそが、simbd において、憎しみを宥める soothe として結実しているのではないかと思う。

諸行無常を説く仏教がないと、soothe がなくなる…完全になくなるわけではないが、効果が薄れる…として良さそうだ。この場合「仏教がなくなる」とは「来世がないほうが良い」の軽視…ということになろうかと思う。

soothe は憎しみの平均値が一定に達すると起き、その一定の判断を上に上げたり下に下げたりするところに「来世がないほうが良い」がかかわるといった感じになろう。

一方で、soothe は個々には、相手への憎しみごとに成功したり失敗したりする。諸行無常が宥める根拠なら、個々で違っての個の中の相手ごとに変わるということはないはずである。それをどう考えるか? …それは、仏教が対機説法で人を教えるから…とすればいいのではないか。諸行無常は全体の平均を下げるが、具体的な教えは対機説法によるから、問題になった相手についてのみ宥められるのだ。…といった感じに考えればよいのだと思う。

ここに挙げた soothe のほかに soothe にはもう一種のパスがある。それは祭りなどを想定した、政治的憎しみに対する soothe である。ただ、考えてみると、諸行無常は、政治的憎しみに対しても効きそうである。だから、今はそうなってなかったが、祭りでないほうの soothe においても、政治的憎しみも宥められるように変更すべきだろう。

商業的憎しみ・憎まれについても同様のことが言えそうだが、こちらについては、独自の体系を持っているので、オプションで指定できるパラメータを追加して、諸行無常が説かれない状況を作るときいっしょにそのオプションもいじるということで対応しよう。

あと経済については「諸行無常」については別のパスがあり、上昇指向(ambition)を抑える働きがある…とできるかもしれない。

諸行無常を説かない soothe の少ないもの(lsth …と呼ぶ)から普通に説く normal への移行は、「思考と思念を深めるのがよい」を軽視する lpe から normal への移行に似て、他の本目的三条件には関係なく進めることができる感じがする。ただ lpe は ltom (low tombs population) をするときには必要とされたように、mamb (much ambtion) は lsth をするときには必要とされる…ということにすべきかもしれない。
<
2021-09-18T10:27:37Z ovE00GRfhp
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

__init__ になかったメンバー変数へ代入を許さない Frozen の効果を切るオプション --no-frozen を作った。テストが十分に終った段階でこれを使えば、スピードが早くなるはず。今のところ simbdp3.py にのみ入れている。
2021-09-17T11:21:10Z ku68urTqLX
jrf> みんな、仕事しながらちゃんと仕事外でおもしろい Tweet してて、すごいな。
2021-09-17T10:52:27Z 6ep+d1T5I2
jrf> #何度でもプレイしたいPSゲーム3選 今パッと思いついたもので初代からだと…

レイストーム

かまいたちの夜 特別篇

SIMPLE1500実用シリーズ Vol.10 タロット占い

占いは、今もこのソフトが一番好きだな。まぁ、他を知らないってのもあるが。
2021-09-17T10:39:31Z E4IErJ7j6b
jrf> T字カミソリ(ひげそり)。柄の部分がかなり汚くなってしまったので、柄だけ新しいのに変えた。ただし、替え刃が互換のちょっと良い柄になった。そのほうが安かったから。で、問題はここからだが、なぜかひげを剃る間隔を短くする必要があった。柄を変えただけなのに。当たりがソフトになって少し深剃りでなくなったってことなのかな?
2021-09-17T04:11:04Z RG9mTgcyVd
jrf> 台風が来て停電しちゃったら大変だから、シミュレーションの途中だけど強制終了させて、メイン PC の電源を切っておいた。
2021-09-16T15:33:44Z UbINLSk2qF
jrf> (承前)

複数人による ID の共有などがあるのかもしれず、そういうのに対して、二段階認証が有効だという議論はわかる。サブスク企業が二段階認証を入れたいというのはわかる。しかし、例えば Google であれば電子キーを使ったり、Firefox であれば特別なアプリケーションを使うなどして、PC でも二段階認証ができるようにしている。PC ユーザーに携帯電話からの二段階認証を強制するのは強要罪ですらあるのではないか。
2021-09-16T14:24:54Z s5MeewButv
jrf> 二段階認証が必要なのは携帯電話だけではないのか? 確かに携帯電話の場合、目を離したときにパスワードを抜かれていることがあるから、二段階認証があったほうが良い。しかし PC の場合は、セキュリティが破られる可能性がこれまで以上に上がったみたいなことはないはずでは?
2021-09-16T13:50:27Z e3v9okPVAu
jrf> 「ひとこと」に↓を書いた。

[cocolog:93009147]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/09/post-4e1f50.html
>「上級国民」案件として話題となった池袋乗用車暴走事故。私は高齢による間違いだから無過失で無罪だろう…と思っていた。しかし有罪の禁錮5年が確定。被告の、自分がミスをした可能性に気付かないその習慣に過失があるとされたのだろうか?…でも自分のミスを認めないのは訴訟戦略だったわけで…。<
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-16T13:47:41Z 1V6S3u9pcf
jrf> 「ひとこと」に↓を書いた。

[cocolog:93009141]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/09/post-aa5399.html
>田上太秀『仏陀のいいたかったこと』を再読した。私の仏教知識はこの著者によるところが大きい。著者の「ファン」になるキッカケとなった本が、この本である。それを今回、再読した。初読時の2001年当時のメモがあるので、それも記す。<
2021-09-15T21:20:10Z 9qV3keqYUL
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

このシミュレーションが一応できたことで、今後、仏教社会について考えるとき、このシミュレーションの具体的にどこをかえれば、自分の考える社会に近付くのか、または、どうしてシミュレーションにはうまく乗れないのか…という思考が具体的にできるようになった。…と言えるのではないか。

それはある独特な世界観に対する(批判的な)観方へ道筋を拓いたことになる。

それをとらえて、私のやったことは曼陀羅[マンダラ](の絵)を描いたことに似ているのかもしれない。
2021-09-15T21:13:24Z mKSU3Q2gQM
jrf> (承前)

再起動の必要はないが緊急の更新というのはありうるはずで、勝手に再起動をするのだけオフにすることに意味はあるはず。そのような設定がないのは Microsoft の落ち度ではないのかなぁ…。

国が適格消費者団体となって、そのことについて Microsoft と戦ってくれないものか。ついでに、全画面広告=インタースティシャル広告について Google と戦ってくれないものか。
2021-09-15T15:10:58Z VXBR/rpel6
jrf> 何日かかかるシミュレーションを回していたら、途中で Windows Update らしい再起動が「勝手」にかかってシミュレーションが途中で止まってしまった。まぁ、Windows の更新をオフにしてなかった私が悪いだけ…ということになりそうだが。

シミュレーションは途中から回るよう書き換えれば済む話。怒らない怒らない。
2021-09-14T11:18:12Z dQEZm3OQRO
jrf> 音楽鑑賞。

リーニフ指揮 チェルニアコフ演出 バイロイト音楽祭2021 『ワーグナー: 歌劇「さまよえるオランダ人」』(収録: 2021年7月25日 バイロイト祝祭劇場, 放送: 2021年9月12日 NHK BS P) を録画して観た。

伝統的でない演出。伝統的な演出の DVD を持っているがまだ観ていない中、先に歌ってる内容と舞台の内容が異なる現代的演出を観ることになってしまった。

ある男の復讐劇になっていて、何かを知ってておびえている風だったゼンタの母が最後に男を殺す。それが男の「救い」であるということになる。男のおそらく手下がテロで街を焼いたらしいので、その報いに男も死んだということになるのかな…。

私にはゼンタの性格がよく読めなかった。難しい演出だった。

(演出が難しく音楽は聴けてない。問題はなかったように思う。)
2021-09-14T11:02:19Z zF8GA5GUqi
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ケガ・障害のある人については死亡率を上げていたが、その判定の際、permanent な p.injured のみを見ていた。それを p.injured + p.tmp_injured に関して見るように変えた。

そうするのを忘れていたという感じだが、少し迷いもある。一時的な障害については、その分注意も多くなるのでは…と思うから。しかし、一時的な障害も労働力 p.tmp_labor には影響する。むしろ、p.tmp_labor の影響の度合が p.tmp_injured で表されているといっていい。動きにくくなるのならば、死亡率も上げて良いだろう。…と結局のところ判断した。
2021-09-13T21:05:31Z jFrBXpf51R
jrf> これまで遊び過ぎ・サボり過ぎだったのかなぁ。かなぁ…じゃなくて、怠惰であったのは事実。だからとやり直そうとするのは、別の何かにひっかかってしまいそう…。これまでの怠惰ぎみの生活を続けながら、自分で生活がちゃんとできるぐらい儲けられたらなぁ…。まぁ、無理か。無理なら体がまだ動く今のうちに何とかしないといけないのだが…。愚かな自分、どうすればいいのか。どうできるのか。
2021-09-13T17:47:11Z g6DnAg4gxk
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

過去のアイデアログを読み直して、やってないと気付いたものの修正しなかった点について。

……。

>11ヶ月前の基準を記録しておいて、それで「堕胎」などを判断するようにしてほうがフェアじゃないかという気はする。むしろ、人口変動への対応が遅れるのでマイナスかもしれないが、将来もしかすると、ここでいいアルゴリズムが見つかるかもしれず、「フェア」にやっておく価値はあるかもしれない。未来へのメッセージ的なもの…。<

…これについてはやってない。まだ迷っている。人口維持しながら「堕胎」を減らすには、どういう方法がいいのか…。

……。

>地域の違う離れた貴族どうしでの結婚は奨励される感じか。<

これは支配層の家族であるかどうかを判定しなければならなくなるため、処理が重くなり過ぎると判断し、結局やってない。まぁ、貴族は金持ちと結婚しやすい感じにはなってるのでそれはそれで良いかという判断。

……。

>経済の余裕・豊かさが教育を支える。<

というのは経済が豊かだと死亡時の僧の相続分が増えることで、僧が増え、教育が増える…というので表されていると考えたい。

>死が増えることで僧を増やそうとはするかもしれない。しかし、それは相続総額に関係なく起こるとすることで、「捨て扶持」性を表す…ようにしようかと思う。<

…これは相続総額を見ることにした。「捨て扶持」性は、寺院建立が何の役にも立たないことなど他のことで表されていると考える。もしくは、僧が増えても教育が増えないようにすることなどで表されている。…としたい。

……。

>ただ、物語を大きくして僧を大きくすることを、僧が行うならそれは破綻のリスクを増やしてでも僧を増やそうとしていることが疑われるため、僧は物語を大きくさせようとするべきではない。僧以外のものが物語を大きくして、結果、僧が多くなり、様々なリスクが減るかもしれない。しかし、僧の大きさは「捨て扶持」の大きさによっても決まってくるからあまり大きくもできない。「捨て扶持」を大きくするにはどうすればいいか…。

「捨て扶持」を大きくするには、相対的な労働者人口が大きい必要がある。労働者人口を大きく減らすのは戦争(蛮族の侵入)なので、民が僧を増やそうと思ったら、平和を願うことになる。しかし、僧が自ら増えようとするのは、死者が増えて葬儀が増えたときである。両者を同時に満たすには、平和が長く続き、たくさんの者が労働できるほど健康であり続けたのち老人となってから死ぬのがよい。平和が長く続けば「物語」も増やしてよい。
<

平和が続くのは、「生きなければならない」より「来世がないほうが良い」を重視する結果のようにモデル化していたが、平和は「物語」…思念を増やすにも良い…「思考と思念を深めるのがよい」にも良い…とすべきなのだろうか?
2021-09-13T17:46:51Z jZYfPSlUbC
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

過去のアイデアログを読み直し、いくつか未実装のものを実装した。simbdp3.py のみいじる。

まずは大きなところで hating まわり。

hating_unknown の存在を忘れていて、犯罪などに hating_unknown が反映されていなかったのを修正した。そして、hating_unknown の上がり方を 0.1 * hate ではなく、カルマと同じ、p.hating_unknown = max([p.hating_unknown, new_hate]) + 0.1 * min([p.hating_unknown, new_hate]) という形にした。

次に、強姦の際、妊娠したら hating_unknown が 0.5 たまることにした。0.5 では少ないと思われる向きもあるかもしれないが、強姦は今のところ戦時強姦で、政治への hating は前からたまるようにしていたこともあり、抑えめにした。

さらに、重犯罪の被害者になる際のなりやすさに、hating の相手方の hated を参照するようにした。その判定の前に、憎まれの最大値 tmp_max_hated というのを求めておき、それを参照している。

なお、強く恨まれてるより数多く恨まれてるほうが被害者になりやすいかもしれないが、数を問題にすると面倒なので tmp_max_hated で十分とし、数多くというのは merchant_hated である程度代替しうると考えた。

あとついでに、重犯罪は、男性のほうが力がある分、女性より 1.2 倍、罪を犯しやすくしておいた。

さらについでに、重犯罪の被害者になりやすさについて、もっとランダムに誰しもが選ばれやすくしておいた。

……。

アイデアログに次のように書いていた。

>古代では特に父親は実子と思っているが、養子であることがあるというのを表すために使う。これにより時限爆弾的に恨みが発生することに対応したい。<

…しかし、時限爆弾的にいつ起こるかわからないものだと、重ねて恨みが発生しないように起きたときを記録しておかねばならないだろう。それは処理が重くなり過ぎるように思う。

そこで、扶養されていたが子供でなかったとき、結婚時または成人時にそれぞれ 0.15 ぐらい産みの親(生きてる場合)への hating が発生するとした。

……。

>特定の誰かへの恨みは減りにくいが、hating_unknown は日々の生活の中、(教育があれば)減りやすいとしよう。<…と書いた。

結局、soothe されるとき、hating_unknown も個人に対するのの 1.5 倍の確率で soothe されるとしたが、複数人への hating であることを考慮し、減り方を 0.5 をかけるのではなく 0.75 をかけるようにした。
2021-09-12T23:46:20Z fvQSCpBXr2
jrf> 囲碁NHK杯 瀬戸×山下。奇抜な手を打ってきた白の山下さん、今回は、タスキ掛けになるものの普通か…と思ったら、星と星の間の天元に打つ。その後、うまく天元とからめたような手を打ち、さすが。右上で混み入って白も黒も危ないかと思って見ていたら、まず白が安泰に。ただ、黒も左辺で大きな地を作っていて地の計算ができない私は、黒の方がいいのでは?…と思いつつ、AI は白有利なので、そうなのか…と思っていた。最後まで AI が動く微妙な展開ながら、結局、234手で白の6目半勝ち。山下さんスゴイ。
2021-09-12T10:44:56Z txNjzfG5NV
jrf> 消費税のインボイス制度。私は必要だとずっと思ってた。それは(定率)還付をするとき、払ってない消費税から還付が行われるのを防ぐため。

(ちなみに、今は消費税はやめてしまって、(国内の地境で行う)関税ライクな制度にする(戻す?)べきと思っている。)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-12T04:18:20Z cY1w8anjQB
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

さて一通りの実験はした。その間に、過去のアイデアを読んで、いくつか変更すべきところを思い付いた。その変更をすれば、ログは取り直しせねばならない。そこで、再びログのバックアップをすることにした。

まず plot_logs.py などの更新を公開しておく。(バージョン 0.0.5)

《simbd/plot_logs.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/stats_simbdp3/plot_logs.py

そして、ログのバックアップである。GitHub に特別な Release を作ってそこに zip のバイナリを置く。その Release の URL は↓でバックアップは Asset の logs-20210912.zip になる。

《Release Logs 20210912 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/releases/tag/plot_logs-v0.0.5

なお、一緒に置いてある simbdp3_pickle-20210906.zip の中身は今回公開のログを取るのに使ったものである。ただし、次のバージョンでは pickle の構造が変わるのでそのままでは使えなくなる予定…。グラフをまとめた figs-20210912.zip も置いておく。
2021-09-12T04:04:56Z ubI2VQIr9W
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ログ取り直し続き。

lpe の --prophecy-effect に関しては 0.8 ではなく 0.5 になってるのがポイント。

run_simbdp3.sh lpe 10 -L -t 360 --prophecy-effect=0.5
run_simbdp3.sh ltomlpe 10 -L -t 360 --tombs-population=10000 --prophecy-effect=0.5
run_simbdp3.sh ledultomlpe 10 -L -t 360 --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20 --tombs-population=10000 --prophecy-effect=0.5

python plot_logs.py normal lpe -p AccDeath -o fig-20210912_01.png
python plot_logs.py lpe ltomlpe ledultomlpe -p AccDeath -o fig-20210912_02.png
python plot_logs.py normal ledu ltomlpe ledultomlpe -p AccKarma -o fig-20210912_03.png

《グラフ集: 2021-09-06 から - Issue #2 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/2

AccKarma のグラフはキレイに予定通りだが、AccDeath に関しては lpe がもう少し高くても良い感じか。lpe が ltomlpe や ledultomlpe と割と差がついているのも解せない。ledultomlpe が低教育のためそれだけ AccDeath が高くなる…というならまだ解釈しようがあるのだが、そうなっていない。
2021-09-12T03:43:03Z +dvYRpNACC
jrf> 「ひとこと」に↓を書いた。

[cocolog:92999303]
http://jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2021/09/post-ece344.html
>田上太秀『仏教の真実』を読んだ。著者は釈迦は霊魂を否定していたと説く。著者の若いころから今に続く時代は科学万能で、無神論が支配しがちであったこともあり、無神論から出発して説きはじめるのがわかりやすく、そういう方便だったということではないか。<
2021-09-11T19:04:03Z S6tCYPSvZE
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

重犯罪の重さの決め方について。

決め方を詳しくは繰り返さないが、墓の過去をかなり辿って僧達によって宥められた葬られた者の憎しみを参照していた。

しかし、実際には、古代においても墓が残っているからといって、そんな過去の憎しみを考慮に入れるといったことはなかったであろう。

あったのは「バーチャルな真実」として、物語で神的存在の愛憎劇があったぐらいというのが実際のところではないか。

ただし、物語が私的に伝承する過程で、自分の家族にあった憎しみなどから、どの伝承を選択するかというのはあっただろうし、墓がたくさん残るような状況のほうが物語がたくさん残りやすく、そこから自分の家族にあった伝承を選択できる。そして時間がたつごとに物語自体さまざまに変質し、露骨な憎しみが解消されたり、新たな憎しみが作られたり…。…といった面はあったのではないか。

そういった面をそのまま実装するのはそれはそれで難しいため、その代わりとして、simbdp3.py のようなモデル化がなされていると考えていただくのがよいのかもしれない。
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-11T10:04:20Z Yu+fJHZuQA
jrf> 厚揚げステーキ…厚揚げを焼いて土生姜と刻みネギをかけてしょうゆを垂らしたもの。おいしい。外が少しカリカリで中がトロ熱。今日はチンしてから焼いたらしい。
2021-09-11T10:01:15Z mkndzT1I53
jrf> 『ふじっ子煮 ごま昆布』、白ごはんに合って、うまい。久々に食べるとき、少し匂いが気になったが、一度食べると気にならなくなった。ゴマをかんで広がる風味と佃煮の濃いうまみが絶妙。
2021-09-11T09:34:05Z biV1dxmUnM
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ログ取り直し続き。

run_simbdp3.sh ledu 10 -L -t 360 --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20
run_simbdp3.sh ltom 10 -L -t 360 --tombs-population=10000
run_simbdp3.sh ledultom 10 -L -t 360 --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20 --tombs-population=10000

python plot_logs.py normal ledu ltom ledultom -p AccKarma -o fig-20210911_01.png
python plot_logs.py normal ledu ltom ledultom -p NewKarma -o fig-20210911_02.png
python plot_logs.py normal ledu ltom ledultom -p Education -o fig-20210911_03.png

《グラフ集: 2021-09-06 から - Issue #2 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/2

ledu は normal よりカルマが悪く、normal は ltom よりカルマが悪く ledultom は ltom よりカルマが悪いが、normal よりは良いとなっている。前は ledultom が ltom と差がないという悩みがあったが、今回は割と差があり、結果が美しい。

なお、測ってないが、計算時間はログにたくさんの数値を載せるようになった関係でかなり遅くなってしまったようだ。
2021-09-10T21:38:22Z X3BDJEbI4r
jrf> 「フェミニスト」も「表現の自由の戦士」も、日本の一党支配が続くことをかなり想定して、政権の内部にどうアピールするかを考える必要があり、野党として戦うという戦略だけではいけないのだろう。もちろん、野党にも食いこむべきで、その辺は独自政党をたてない二大政党制的な部分なのかな?
2021-09-10T21:13:22Z e5oJ9aENSf
jrf> アニメ『Sonny Boy』。ジャンルは「ナンセンスシリアス」といった感じか。『LISTENERS』と同じ悪夢系に私は分類しそう。

第9話、猫がコピー能力を持っていて、それが「漂流」にからみ解決の糸口になりえたというのはほぼフェイクだろう。コピーだからオリジナルが必要で、だからオリジナルにアクセスしてる…とかいう描写があるわけでもない。最後、コピーなしで届けてるような描写もあるし、そもそも猫がダンボール運べるはずもないし。著作権でコピーが悪いみたいな時代的風潮からからほんのり取っているだけではないか。

意味がありそうでない。これはワザとだと思う。人の悪夢を覗きこむような構造にしているのだと思う。それはそれでアニメらしく良いと私は思うが。

これで本当に作品世界の謎・構造が最後明らかになったらビックリだけど。
2021-09-10T17:36:00Z yftqtJkxT6
jrf> アニソン。アニメ『究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』ED「キスイダ!」をフルで聴いた。「殺したい」アリシア(CV:ファイルーズあい)が味があって良過ぎ。彼女が出てくるところつい笑っちゃう。
2021-09-10T10:07:32Z FQo0nj2vEF
jrf> 肉はうまいなぁ。フライパンで焼いた牛肉を皿から食べるおうち焼肉だけど。
2021-09-09T22:07:22Z op0Ro1rIF3
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

さて、これまで取ったログの取り直しの続き。まずは mwarfpr から。

run_simbdp3.sh mwarfpr 10 -L -t 360 --invasion-average-term-min=60 --priests-rate-max=0.005 --priests-rate-min=0.005

python plot_logs.py normal mwar mwarfpr -p AccDeath -o fig-20210910_01.png
python plot_logs.py normal mwar mwarfpr -p AccAbortion -o fig-20210910_02.png
python plot_logs.py normal mwar mwarfpr -p Education -o fig-20210910_03.png
python plot_logs.py normal mwar mwarfpr -p Power -o fig-20210910_04.png

《グラフ集: 2021-09-06 から - Issue #2 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/2

前は mwar と mwarfpr に差が出なかったのに、今回はかなり差が出ている。くじ運の問題だろうか。mwarfpr、AccDeath は予定通り上、AccAbortion は予定通り下、Education は予定通り変化が少ない。そのわりに、Power はなぜか mwarfpr が最後一番良いという結果になって、この理由がわからない。戦争で疲弊したにもかかわらず、political_hating に soothe がかかったためそれが国力にプラスの影響を及ぼしたとかなんだろうか?
2021-09-09T17:23:49Z /n014HR/kw
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

前、sympy は使ってないとか scipy は今は使ってないとか書いてるが、普通に使ってますね。simbdp3.py では使ってないというだけで。
2021-09-09T16:13:50Z 6l3dsKaF6C
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

simbdp3.py についてログに Average Injured や Average Fertility や Average Tmp Labor などを表示するように変更した。

本当はこれでログを取り直せばいいのだが、まだ変更がありうるし、面倒なので、とりあえず今は取り直さないことにする。
2021-09-09T03:44:05Z w4MAhrdALH
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

mwar をもう一度試してみよう。今度は、戦争が増えたとき上昇指向が増え人口目標が増えた状態を試そう。人口目標が増えた状態を much population で mpop、上昇指向が増えた状態を much ambition で mamb とする。人口が違うと比較しにくいので、比較用に人口目標が増えただけの mwarmpop も実験しておいた。

run_simbdp3.sh mwar 10 -L -t 360 --invasion-average-term-min=60
run_simbdp3.sh mwarmpopmamb 10 -L -t 360 --invasion-average-term-min=60 --population=11000,11000,5500 --change-ambition --ambition-goal=0.70
run_simbdp3.sh mwarmpop 10 -L -t 360 --invasion-average-term-min=60 --population=11000,11000,5500

python plot_logs.py normal mwar mwarmpopmamb mwarmpop -p AccDeath -o fig-20210909_01.png
python plot_logs.py normal mwar mwarmpopmamb mwarmpop -p AccDeathRate -o fig-20210909_02.png
python plot_logs.py normal mwar mwarmpopmamb mwarmpop -p AccAbortion -o fig-20210909_03.png
python plot_logs.py normal mwar mwarmpopmamb mwarmpop -p AccBreakup -o fig-20210909_04.png
python plot_logs.py normal mwar mwarmpopmamb mwarmpop -p Budget -o fig-20210909_05.png
python plot_logs.py normal mwar mwarmpopmamb mwarmpop -p Power -o fig-20210909_06.png

《グラフ集: 2021-09-06 から - Issue #2 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/2

AccDeathRate でも mwarmpopmamb はかなり死者が多いとなっているのは理由がいまいちわからない。mwarmpopmamb と mwarmpop で「堕胎」が少ないのは人口増加過程にあるからで予定通り。

活発な経済の mwarmpopmamb が mwarmpop より一家離散 AccBreakup が当然多いはずだがそれほど差がない。ただ、経済規模を反映する Budget が大きくなるはずというのはその通りになっている。ただ、人口が多いはずの mwarmpop が mwar よりも Budget が小さくなってるのはよくわからない。財産を持ってない子供が増えたせいだろうか。

Budget が normal より mwar シリーズで減るのは戦争で障害(injured)が多くなるせいだと思う。障害があると労働力(tmp_labor)が低くなり、経済的に不利になる。死者が増えると僧に相続税と取られる分、経済の規模が小さめになりやすいということもありうるのだが、戦争で死者があまり増えてる感じじゃないのでこの効果は薄いだろう。
2021-09-08T21:21:26Z +6NSxas4mZ
jrf> 待てずにいろいろ本を買ってしまった。反省。
2021-09-08T13:28:16Z X0l1mtG9Kh
jrf> 音楽鑑賞。

リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団『バッハ: ヨハネ受難曲』(DVD, 録音: 1970年9月 ディーセン, 発売: 2021年 ユニバーサル ミュージック・Deutsche Grammophon) を聴いた。

かなり大きな音で聴いたためか、低音もバッチリ聴こえて良かった。映像も 1970年の割にはかなり良かった。

ヨハネ受難曲と言えば、鞭で叩かれたイエスの背中から血が出てそれが虹になる場面。やはり凄いな。初期マルコのように「復活」はないが、感動はあった。

2021年9月にリヒター指揮の DVD が安く出ている。リヒター以外のオペラもだが。Blu-ray の時代に DVD を買う意味が見出しがたいかもしれないが、私には安くてありがたかった。私はリヒターのマタイとロ短調ミサは持っていたので、合唱曲ではヨハネ受難曲のみ安く手に入れられたことになる。
2021-09-08T03:45:19Z N2aeEZyEk9
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

fanampr は本当にくじ運が悪かっただけななのか? 確かめるためそれだけもう一度実験してみた。

run_simbdp3.sh fanampr2 10 -L -t 360 --nation-education-power-threshold=0.925 --faith-realization-power-threshold=0.925 --priests-rate-max=0.0125 --priests-rate=0.00666666666666667 --priests-rate-min=0.004

python plot_logs.py fanampr fanampr2 -p AccDeath -o fig-20210908_01.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs fanampr2 -p Education -o fig-20210908_02.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs fanampr2 -p AccDeath -o fig-20210908_03.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs fanampr2 -p Population -o fig-20210908_04.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs fanampr2 -p AccAbortion -o fig-20210908_05.png

《グラフ集: 2021-09-06 から - Issue #2 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/2

fanampr(2) は、fana より AccDeath では下に、AccAbortion では上に来て欲しいのだが、そうなってない。Education は予定通り fanampr(2) が上に来ているがその差は 0.54 - 0.50 = 0.04 程度で、Education の効果はほとんどないということになるようだ。

……。

国力を見てみると…、

python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs fanampr2 -p Power -o fig-20210908_06.png

…確かに fanampr(2) のほうが高く、差はあるのだが、その差が少な過ぎて効いてない…ということなのだろうか? 長期で見ればまた違いがあるのだろうか?
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-06T21:21:00Z ejpA/EdF2I
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

(承前)

……。

ちょっと前に、狂信時に僧の数を増やすべきだという考えをしたが、それは無意味なものであるべきだともしていた。まずは僧の数を増やしたもののみやってみる。(mpr は many priests の略。)

run_simbdp3.sh fanampr 10 -L -t 360 --nation-education-power-threshold=0.925 --faith-realization-power-threshold=0.925 --priests-rate-max=0.0125 --priests-rate=0.00666666666666667 --priests-rate-min=0.004

次に無意味であることを表すために --priests-standard-rate のほうもいっしょに動かすこととする。(mprs は much priests standard の略。)

run_simbdp3.sh fanamprmprs 10 -L -t 360 --nation-education-power-threshold=0.925 --faith-realization-power-threshold=0.925 --priests-rate-max=0.0125 --priests-rate=0.00666666666666667 --priests-rate-min=0.004 --priests-standard-rate-max=0.0125 --priests-standard-rate=0.00666666666666667 --priests-standard-rate-min=0.004

python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs -p Education -o fig-20210907_01.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs -p AccDeath -o fig-20210907_02.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs -p Population -o fig-20210907_03.png
python plot_logs.py normal fana fanampr fanamprmprs -p AccAbortion -o fig-20210907_04.png

Education は fanampr が高くなるのは予定通り。そのおかげで fanaampr は fana や fanamprmprs より AccDeath も良くなるか…と思っていたが、必ずしもそうなっていない。教育の効果は大したことない…となってしまった。Population を見ると、fanampr は最後のほうで下がっていて、どうも大きな戦争がたまたま起こったらしいということではないかと推察する。AccDeath と逆の動きを大きくしがちな AccAbortion も fanampr が fana と大差なく、最後は fanamprmprs と同じになるのは、くじ運が悪かった以外どうにも説明がつかない。
2021-09-06T21:19:37Z 0j1i+6c+4G
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

さて狂信に関する実験である。

normal のログを求めるところからやり直し、normal に上書きする。--change-random-seed ははじめから付けておくことにする。

python simbdp3.py -d -t 1200 -S --save-period=12 --no-view --invasion-mag=5.0 --change-random-seed
cd stats_simbdp3/
cp -p ../simbdp3.pickle .
run_simbdp3.sh normal 10 -L -t 360

一応、前のログとの違いを確認しておく。

python plot_logs.py normal2 normal -p AccDeath -o fig-20210906_01.png
python plot_logs.py normal2 normal -p AccAbortion -o fig-20210906_02.png
python plot_logs.py normal2 normal -p Education -o fig-20210906_03.png
python plot_logs.py normal2 normal -p NewKarma -o fig-20210906_04.png

AccDeath も AccAbortion も normal のほうが改善している。一方、Education は normal のほうが 0.5 付近に張り付いているが、試行ごとの変化は大きそうだ。NewKarma は初期の normal2 と normal に違いが大きく、その後ほんの少し寄せていってる感じか。

なお、今回から、fig-*.png は↓で見られるようにしてある。

《グラフ集: 2021-09-06 から - Issue #2 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/2

……。

狂信を試す。(fana は fanaticism の略。)

run_simbdp3.sh fana 10 -L -t 360 --nation-education-power-threshold=0.925 --faith-realization-power-threshold=0.925

python plot_logs.py normal fana -p AccDeath -o fig-20210906_05.png
python plot_logs.py normal fana -p AccAbortion -o fig-20210906_06.png
python plot_logs.py normal fana -p AccTemple -o fig-20210906_07.png

予想通り、AccDeath は fana のほうが悪く、AccAbortion は fana のほうが良く。AccTemple は fana のほうが多い。これまでここまではっきり予想通りとなることは少なかったので、逆に心配になるぐらい。

(続く)
2021-09-06T19:23:25Z 43lSSTchLK
jrf> 最近夜眠れないのをいいことに、今日はボーッと Amazon みたり Twitter みたりしながら無為に過ごしてしまった。(シミュレーションは回してて結果待ちだけど。)

しかし、シミュレーションやる意味があるのか。だんだん自信がなくなってくるなぁ…。
2021-09-06T15:35:09Z uV8PFJ61Ao
jrf> Amazon Music の MP3。いつのころからか、ほしい物リストに登録できなくなった。私は、ほしい物リストに登録しておいて、余祐があるときに一気に買う…みたいなやり方をしているから、機能を復活して欲しい。
2021-09-06T13:42:22Z YBblKhC/vN
jrf> オーディオの設定。

スピーカー台とその下の人工大理石ボードの間に挟んでいたゴムシートを取り外した。スピーカー台に置いていたダンベルも当然取り外す。

低音のメカニカルな動きはゴムシートがあったほうがよいが、アタック音の力強さと音の伸びはゴムシートを外したほうがよい感じだったので。
2021-09-06T09:57:44Z xNCwBK3+wk
jrf> 昨日ぐらいからかなぁ。Cygwin から使っている Windows の Anaconda の Python 3.7.7。コンソールへの print が表示されない。…という症状がときどき出ている。再現性がない。他の原因がないから Windows Update を疑っている。でも、Anaconda をそろそろアップデートすべき…ということなんだろうか? 
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-06T08:39:41Z TDbFRl9LmK
jrf> アニソン。アニメ『ゲッターロボ アーク』ED「STORM 2021」がいい。で、元の「STORM」を探すのだが Amazon にも iTunes にも配信されてないようす。「STORM 2021」がいいと思ったからそっちで…と探してもない。発売予定がないのかな? 残念。
2021-09-05T16:49:49Z KGfT3OAHD1
jrf> 囲碁NHK杯 清成×富士田。黒が右上で大きな地を作れなかったこと、黒の左上が窮屈なこと、…から黒苦しいかと思ったが、白の中央がまだ薄いということなのか、AI は互角と見ていた。しかし、解説者によると黒が左下で無理をしたらしく、AI の形勢判断は白有利となり、黒が下辺でなかなか生きられないのを白がいじめる形で、そのまま白有利に遷移した。152手で白の中押し勝ち。
2021-09-05T13:35:06Z Bd32hLprom
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

実験の前に…。

さすがにここまで変更すると normal のログを求めるところからやり直さねばならない。これまでのログは無用となる。

ログを消す前に plot_logs.py でのグラフの表示もいくつかセーブしておくこととする。これは fig-20210906_*.png という名前にしておく。その内容は、ファイル名からはわからないが、グラフには legend 部分に prefix が並び、縦軸に何に注目してあるかが書いてあるからわかるであろう。これらは↓で見れるようにした。

《グラフ集: 2021-09-05 まで - Issue #1 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/issues/1

今後は別の Issue をたてて、グラフは作ったときに Issue に公開して行こうかと思う。

次に plot_logs.py などの更新を公開しておく。(バージョン 0.0.4)

《simbd/plot_logs.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/stats_simbdp3/plot_logs.py

そして、ログのバックアップも取っておこう。バックアップは zip にするため、git のに特別な Release を作ってそこに zip のバイナリを置くことにした。その Release の URL は↓でバックアップは Asset の logs-20210906.zip になる。

《Release Old Logs 20210905 - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/releases/tag/plot_logs-v0.0.4

なお、一緒に置いてある simbdp3_pickle-20210831.zip の中身は、normal2 や mwar2 を作る直前に作った pickle であり、その前の normal や mwar を作ったころの pickle は残っていない。上のグラフをまとめたものも figs-20210905.zip として置いてある。
2021-09-05T03:52:47Z kgTUVjn+rZ
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

(承前)

また違う方法を考えてみる。

教育の平均は動いている。どうやって動いているかというと、僧の数から求められる education goal に向けて動いている。その goal は ARGS.education_goal_max から ARGS.education_goal_min まで動く。いちおう可能性としては、goal は僧以外の者についてのみの goal だから、僧の高めの数値が加味されることで最大値は ARGS.education_goal_max + α になりうる。実際にはそれはかなり難しいが。

この education goal について、education goal よりもある程度、上に来る場合、threshold でカットする…としてはどうだろう? しかし、すると実際の平均 education より、 education goal の位置が重要になってしまう。それは違うのではないか。

結局、ARGS.education_goal_standard_max (普通は ARGS.education_goal_max と同じ数値) を平均 education の max と見なし、その max の何パーセントかで切るというのを ARGS.nation_education_power_threshold が表している…とする方法にしようということになった。ARGS.education_goal_standard_max が達成されることはほとんどないが + α があるため、もしかすると達成可能な数値かもしれない。国力の計算のときも、教育平均が max 以上で threshold が 1.0 の場合に 1.0 と評価されるようにする。詳しくは次のバージョンのソースを見ていただきたい。

なお、ARGS.education_goal_standard_max は ARGS.education_goal_max のデフォルト値と同じ 0.65 にするが、ledu など教育を 0.15 下げた場合を考える必要上、ARGS.education_goal_standard_min は 0.20 とし、ARGS.education_goal_min のデフォルト値 0.35 より小さな値としておく。

そして前少し言っていたが、education goal に向かう早さをパラメータで調整できるようにもしておき、デフォルトをかなり早くしておいた。

(実験に続く)
2021-09-05T03:51:43Z PHnvL6hTVW
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

狂信について試したい。

狂信のパラメータは、ARGS.nation_education_power_threshold と ARGS.faith_realization_power_threshold で、これを同時に大きくする 0.9 か 0.95 ぐらいにするのが狂信を試すことに相当する。

問題は、ARGS.nation_education_power_threshold がほとんど意味がないことである。

狂信は、教育や信仰理解が高いことそのものではない。高い教育や信仰理解を(threshold を高く設定し)国力にかえようとすることが狂信である…といった定義になっている。

支配層の信仰理解は、1.0 に近くなることもあり、threshold を高めに設定することに意味がある。しかし、教育は国民の平均を見ており、国民の平均は 0.5 付近に張り付いていて、高い threshold を設定してもそれにかかることは絶対にありえず意味がない。

これに意味を持たせるにはどうするか?

まず、教育の平均の分布は中心極限定理によりそれはそれで正規分布に近付くはずである。その正規分布の Percent Point が ARGS.nation_education_power_threshold になる点を新たに threshold と定義しなおすという方向を思い付いた。

しかし、これはダメである。個人の教育の分布が本当に 0.0 から 1.0 の一様分布であれば、一様分布の σ**2 に対し、n 人(25000人ぐらい)の平均の分布の分散は (σ**2)/n となりかなり小さくなる。その例えば 90 % 点というのは 0.5 にものすごく近付くがそれは、教育の平均が動くのに対してあまりにも近付き過ぎということになる。

つまるところ、このシステムでは、個人の教育の平均は 0.5 ではないのが普通で、0.5 から (σ**2)/n の点とか考えても意味がないのだ。

そこで、もっと違う方法を考えてみる。一つの方法として平均と取る前に個人に対して threshold を適用してはどうか…ということである。しかし、これは、平均がかなり低めに出ることになり、教育が高いこと自体は狂信ではないという定義に反するように思う。低めに出るのが問題だからと、上を切るのと同時に教育の低い方にも threshold を適用することも考えられるが、しかし、それは教育の低い者を国力と認めない方向で、それはそれで間違っている気がする。

平均を取るという方向、その平均に何か操作をするというこれまでの方向は間違っていないように思う。

(続く)
2021-09-05T03:16:02Z F6I85LRRl6
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

ARGS.prophecy_effect を小さくする lpe を試す。(ここは完全な失敗なので。他の人はやる必要がない。)

run_simbdp3.sh lpe 10 -L -t 360 --change-random-seed --prophecy-effect=0.8

run_simbdp3.sh ltomlpe 10 -L -t 360 --change-random-seed --tombs-population=10000 --prophecy-effect=0.8

run_simbdp3.sh ledultomlpe 10 -L -t 360 --change-random-seed --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20 --tombs-population=10000 --prophecy-effect=0.8

python plot_logs.py normal2 lpe -p AccDeath
python plot_logs.py lpe ltomlpe ledultomlpe -p AccDeath
python plot_logs.py normal2 ledu ltomlpe ledultomlpe -p AccKarma

…やってみると、lpe はまったく効いていないことがわかる。意図としては予言の有効性が減ることで災害のダメージが増えるはずであったが、まったくそうなっていない。試しに --prophecy-effect=0.0 をやってみる。

run_simbdp3.sh lpe0 10 -L -t 360 --change-random-seed --prophecy-effect=0.0
python plot_logs.py normal2 lpe0 -p AccDeath

…これだとさすがに差が出るようでひとまずホッとする。では、--prophecy-effect=0.5 でやってみよう。

run_simbdp3.sh lpe05 10 -L -t 360 --change-random-seed --prophecy-effect=0.5
python plot_logs.py normal2 lpe0 lpe05 -p AccDeath

…すると、lpe05 は lpe0 ぐらい normal2 より高くなっており、今後は lpe05 を lpe としていけば良さそうなことがわかる。ただし、lpe0 と lpe05 がほぼ重なる形になってるのが、気にかかるところではあるが…。

あと、狂信を見るとき、ちょうどそれは --prophecy-effect と同じような形で作用するのであるが、その作用は最大で --prophecy-effect=0.8 ぐらいにしていた。しかし、これではまったく足りないということがわかった。そこで、最大で --prophecy-effect=0.2 ぐらいになるよう改めることとする。
2021-09-04T21:57:02Z 5QFjjobU4J
jrf> 「ひとこと」に↓という記事を書いた。

[cocolog:92984837]
>易理。象[しょう]または天意について。…。天意は従わせることはできない。予想できないから。しかし、予想しなければならない。人が従い続けるよう優れたものであらせられなければならない。…<
2021-09-04T10:25:42Z KSdeyw5g0g
jrf> 左肩の五十肩(?)どんどんひどくなる。なんか脇の内側まで痛くなってきた。去年、右肩が五十肩になってたいした治療もなかったので、左肩に関しては病院行かないでいいかと思ってたけど、行った方がいいのかな…。
2021-09-04T09:28:00Z /snQGVPKOV
jrf> 涼しいのはありがたいねぇ。雨も朝はちょうど降ってなくて散歩に行けるのもいい。災害と野菜が高いのは問題だが。
2021-09-04T03:14:31Z 1B4ubou80E
jrf> 吉野家の牛丼はうまいなぁ。
2021-09-03T17:26:59Z 5iuhddNaPE
jrf> アニソン『転スラ』OP「Like Flames」。「目を覚ますんだベーブルース」って聴こえて、なんでベーブルースが目を覚ます必要があるんだ大谷翔平のせいかと思って歌詞を確かめると「目を覚ますんだbraver」とのこと、それを見ながら聴くと確かにそう歌っていてビックリ。
2021-09-03T16:56:49Z 25k8e8UNOC
jrf> アニソン。『転スラ』OP「Like Flames」と『小林さんちのメイドラゴンS』OP「愛のシュプリーム!」がだんだん良くなってきた。「愛のシュプリーム!」のほうはサビ以外の部分のテンポがよくていい。「Like Flames」はむしろオーソドックスなのがよいと思えるようになった。
2021-09-03T16:16:40Z 53dZpHJrKL
jrf> アニメ『Sonny Boy』。さえない男が主人公で、女の子がついてきて、世界を創造している。…という。観る側がさえない人間でそれでいて正義感があって、ある意味世界の一部を創造している…ということで、自己投影のしやすさを考えてのことなんだろうが、女の子がついてくるというのは…青春物の条件だから…なのかな?
2021-09-03T11:03:12Z b/rEbOLzH/
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

mwar2 と mwar2fpr の AccDeath がほぼ同じだった件。

Education を見ると、0.54 から 0.49 の間ぐらいで、大きな変化がないといって良く、それが国力に与える影響となるとさらに小さいとなる。

ここがおかしいのではないかと思う。

僧の数が変化したとき、もっと早く education を変化させれば良いのだろうか? それとも国力に反映させるとき education はより大きな影響を持つとすべきなんだろうか?

…難しいところだ。早く変化させれば偏りが大きくなりそうだし、逆に下がるのも大きくなる。国力でなんで education だけそんなに大きな影響を持つのか理由がない。
2021-09-03T10:52:37Z IKXqleZX6Z
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

以前、「赤ん坊の education は、両親の中間の値を持って産まれてくる(父親が不明な場合は父親分はランダム値)」…と書いたが、まだそうなっていなかった。

simbdp3.py のみそのように修正。simbdp2.py 以前は修正しなかった。

さて、その上で「来世がないのがよい」と「思考と思念を深めるのがよい」の関係を見るために、墓の数を減らしたものと教育(の目標値)を下げたものについてシミュレーションを回してみる。

本来は、赤ん坊の education を変えたので、最初からやり直す必要があるが、時間がかかるのでそれはまた次の機会として、normal2 などを作った前の simbdp3.pickle をそのまま使って実験することにする。教育の目標値のパラメータを 0.15 ずつ下げたものを試す。(ledu は little education または low education の略。)

run_simbdp3.sh ledu 10 -L -t 360 --change-random-seed --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20

次に墓が少ないものを試す。墓が前は 25000 だったのを 10000 にして試す。(ltom は little tombs の略。)

run_simbdp3.sh ltom 10 -L -t 360 --change-random-seed --tombs-population=10000

そして、両方を下げたものを試す。

run_simbdp3.sh ledultom 10 -L -t 360 --change-random-seed --education-goal=0.35 --education-goal-max=0.5 --education-goal-min=0.20 --tombs-population=10000

解釈としては、方向が逆で、ledultom の状態から「思考と思念を深めるのがよい」を重視して --tombs-population を上げて ledu の状態になってカルマが増え、そこから、思考のみを深めて normal2 の状態にしてどれだけカルマが下がるかを見たい。…といった感じになる。normal2 の状態から、逆に --tombs-population を下げて、どれだけカルマが下がるか、ledu とどちらを取るべきか…ということも見たい。

ログが取れたあと…

python plot_logs.py normal2 ledu ltom ledultom -p AccKarma

…または…

python plot_logs.py normal2 ledu ltom ledultom -p NewKarma

…としてみる。

すると、確かに ledu は normal2 よりカルマが悪く、normal2 は ltom よりカルマが悪いとなっている。問題は ledultom で、これは normal2 の下、ltom の間に来ているが、ledu と normal2 の差に比べて、ledultom と ltom の差が小さいのが気になる。

これはなぜだろう? -p Education をして調べるとちゃんと ledu ledultom は教育が同程度に下がっており、そこに問題はないようだった。…ということで ledultom と ltom の差が小さい理由はわからない。それは今後の課題としておいておくとしよう。

この結果だけだと ltom にするのがとにかく良いとなってしまう。そこで重犯罪の重さは ltom のほうが重いはずだったというのを見るために、-p AccVKarma を表示してみる。…しかし、これはほとんど差がない。もっと世代を重ね、墓の数を巨大にしないと差が出ないのかもしれない。

すると、ltom が一番良いということでいいのだろうか? ただ、ltom は「思念を深めるのがよい」の軽視だから、ARGS.prophecy_effect を小さくするのと一緒になりやすいということだった。ARGS.prophecy_effect を小さくするのを lpe とすると、ltomlpe と normal2 を比べて総合的にどうかを問うということになるのか。
2021-09-03T03:56:56Z mB/8hZwBJe
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

悔いが大きくなり過ぎてもいけないというのが当初の話だった。悔いは「自分の集団を害する」…ただし、「害する」といっても「限定された不利益を確実に受け容れることでしかない」ということだった。

それは今のシステムにおいては寺院を作るところに現れているか…。ただ、それは支配層だけだな。個人においては僧になる…という部分に現れてると考えるべきなのだろうか?

僧になるのは、今は死者から僧への相続量の多寡だけ見ているが、狂信分…ARGS.nation_education_power_threshold も見るべきか…。ARGS.nation_education_power_threshold  を上げるときは、僧の数に関わる ARGS.priests_rate なども上げるべきということか…。そして、ARGS.priests_rate が上がれば教育が良くなるべきだと思うが、今は、ARGS.priests_rate という変数が動いても ARGS.education_goal は動かないことになってるから、ARGS.education_goal も動かさないとダメということになりそう。

それともこのあたり改修すべきなのか?

…一部改修した。ARGS.priests_rate の他に ARGS.priests_standard_rate という非常に似たものを作った。実際の僧の増減は ARGS.priests_rate を使うが、僧の数(割合)を判定に用いるときは、ARGS.priests_standard_rate を使うようにした。これにより ARGS.priests_rate を上げれば ARGS.education_goal を動かさなくても、単純に教育がよくなるはず。ややこしいが、やむを得まい。

これにより mwar2fpr のログが影響を受けるので再度 run_simbdp3.sh を実行する必要がある。私のところでは再実行後のグラフは前と大差がない感じだった。災害の被害は mwar2fpr のほうが mwar2 よりむしろ少なくてそこは予想とは違ったが。
2021-09-03T03:05:27Z z4A8hG6HKd
jrf> 菅首相やめるのか。著作権法で前のどこの(米国の?)利益でも代表しているのかという状態から、まともな変更のみが出てきて、他も和解の方向が鮮明だったりして、政策はまともだな…と思っていた。コロナも失点つづきというわけでもない。まぁ近時のアフガン問題は左右双方からツッコミどころがあったかもしれないけど。休みなしで働いてお体の問題でもあったのかな? 自民党総裁だから私は支持しないけど、ちょっと惜しい気はする。次の首相がどうなるか…。
2021-09-02T19:12:52Z Zv2O4Lq2UN
jrf> スーパーで買える『くらし良好 黒糖かりんとう』がおいしい。普通のかりんとうなんだけど、この「ふつう」というのがなかなかない。細くも太くも柔らかくもなく、カリカリ食べがたえがあってしっかり甘い。普通に安いのも良い。
2021-09-02T17:32:30Z Xgf2sSLQCV
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

以前、カルマが私のシステムでは易の「吉凶悔吝」の「悔い」にあたるのではないかと考えた。しかし、それだけではなく、重犯罪の際、被害者の親世代の過去の「うらみ」が宥められていることを考慮したが、それもまた被害者側の「悔い」ではないかと思い当った。囚人になってカルマがなくなるというのと似ているということか、むしろ、カルマの自然減少に似ているということか、それらとの混同があるということか…。

「宥める」ということには「悔い」を刺激せねばならない部分があるように思う。「偶然」が自分やその親族に振りかかったとすればどうだったかという反省・悔いが、感情・思念を宥めることにつながる。…といった感じか。

一方の「吝[うら]み」も単なる憎しみとは違う部分があるはず。それは正義を求める心や教育を望む心も表す…とかあるのだろう。こちらは(「悔い」より一層)まだ詰めきれてない。

…ただ、正義を求める心という部分は、現世の hating が多いと、捕まる人や監獄が多くなるというふうには少し反映はしているか。

……。

カルマ自体は「悔い」ではないか。悔いることでカルマが減る。収監されてつとめを果たしてカルマがゼロになったとき、振り返れば元のカルマが悔いるべきものを指し示していたという感じか。

それとも「悔いるべき」も易では「悔」に含まれているのだろうか?
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
削除 (修正したから・書き直したから)
2021-09-02T13:03:19Z 3mLM/CFIMi
jrf> アニメ『Sonny Boy』。確かに不思議に面白い。学校に通う夢をよく見る私。「卒業」から続く学生生活も夢のよう。ちなみに↓の記事、宗教上の理由で、全画面広告=インタースティシャル広告が表示されるとその先を読まずに閉じるので一ページ目以外読めてないが。

《“ながら観“を許さない時代逆行アニメ『Sonny Boy』が、実用性と効率重視の社会に投げかけること - QJWeb クイック・ジャパン ウェブ》  
https://qjweb.jp/column/55887/
2021-09-01T20:23:04Z 3+eQ751ufb
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

「死が増えると僧が増えて教育などが改善し、それが国力となって、災害などに強くなり、死者が減る」…などというこが本当に起きているだろうか。

試しに死が増えると僧が増える…という部分を止めて、それで死者が増える一方になるか見てみようとした。

ただこれをするためには、simbdp3.py を少し変更する必要があった。僧がほとんど増減しないでもエラーが出ないようにする必要があった。その上で…、

run_simbdp3.sh mwar2fpr 10 -L -t 360 --change-random-seed --invasion-average-term-min=60 --priests-rate-max=0.005 --priests-rate-min=0.005
python plot_logs.py normal2 mwar2 mwar2fpr -p AccDeath

…を実行してみた。(fpr は fixed priests の略)

結果としては、mwar2 と mwar2fpr にそこまでの差が出なかった。いちおう私のところでは mwar2fpr が予想通り若干 mwar2 よりも上に来たのはではあるのだが…。

……。

もうちょっとあとからでいいかと思うが、特に plot_logs.py がまともになった面があるので、更新を公開しておく。(バージョン 0.0.3)

simbdp3.py も上記のようにほんの少しいじっている。(バージョン 0.0.5)

《simbd/plot_logs.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/stats_simbdp3/plot_logs.py

《simbd/simbdp3.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/simbdp3.py
2021-09-01T12:59:26Z RHK0tXldwm
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

オプション -S または --save のふしぎ。

オプション -S または --save は他の boolean 型のオプションとは少し違う。-L または --load を指定してオプションがロードされるとき、このセーブのオプションだけは読み込まれず、常に False の状態に修正される。このため、ロードしたあともセーブしたいなら、新たに -S または --save を指定しなければならない。

これは、--no-save または -S- がなかったころの名残りである。そのころは boolean 型のオプションを一度指定すると、ロードしたあとに修正する手段がなかった。セーブに関してはさすがにそれはまずく、同じセーブで複数の結果を得たいといったとき不便だったので、しかたなく、ロードしたときに常に False にする運用にしたのだった。

今は --no-save または -S- があるため、常に False にする必要はないのだが、便利なこともあり、保守的な判断でそのままにしている。
2021-09-01T03:44:31Z 2ZB5prM3Iy
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

追ってる人間がいるような感じでもないから、そんなに急ぐ話でもないように思うが、変更点がいろいろあるので plot_logs.py を更新しておく。(バージョン 0.0.2)

《simbd/plot_logs.py at master - JRF-2018/simbd》  
https://github.com/JRF-2018/simbd/blob/master/stats_simbdp3/plot_logs.py
2021-09-01T03:29:52Z QYsmbJL0vR
jrf> [仏教の最適化プログラムの続き。]

オプション --invasion-mag を 2.0 から 5.0 に上げてやってみた。このほうが、戦争被害が大きくなって違いがクッキリ出るかと思って。

simbdp3.py のディレクトリがあるところからはじめて…

python simbdp3.py -d -t 1200 -S --save-period=12 --no-view --invasion-mag=5.0
cd stats_simbdp3/
cp -p ../simbdp3.pickle .
run_simbdp3.sh normal2 10 -L -t 360 --change-random-seed
run_simbdp3.sh mwar2 10 -L -t 360 --change-random-seed --invasion-average-term-min=60
python plot_logs.py normal2 mwar2 -p AccDeath

…としたのだが、やはり大きな違いはない。前よりは確かに違いは大きくなったようだが、それほど大きくはなっていない。

しかし、plot_logs.py を更新して「堕胎」の累積数を数えてみると…

python plot_logs.py normal2 mwar2 -p AccAbortion

…割とハッキリ違いが出た。normal2 のほうが「堕胎」が多い。これは予想通り、実は、前のデータ normal と mwar で -p AccAbortion をしてもやはりハッキリ違いが出ていた。

これはどういうことだろう? 基礎的な死亡の数が一定して多いので、違いが目立ちにくいということなのか、それとも条件が悪くなると逆に死を防ぐような何かが自動的に組み込まれている…ということなのか? 後者は今のところ思い当たることがないが…。

死が増えると僧が増えて教育などが改善し、それが国力となって、災害などに強くなり、死者が減る…ということだろうか? しかし、plot_log.py にコードを足して、戦争以外の災害の大きさを比べてみても大差はない。もしやと調べた教育や僧の数もほとんど同じ。それはそれでおかしいのだが…。

2021-09-01T03:29:52Z より前のものは残っていません。

Sum Hash: 0.0.8.3:Adykf/AhuozOg+0M (200個中35個削除)

■ あなたは 2021-10-19T09:45:43Z に IPアドレス 35.172.217.174 からアクセスしています。